タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
金曜日更新 LINE.07配信中

弱虫ペダル GLORY LINE

| 2018年 | 216円
ポイント/見放題
LINE.07あと4日で終了
舞台はインターハイ1日目の最終局面へ!自転車レースアニメの金字塔、第4期に突入
見どころ
連覇を目指すチーム総北と強豪たちが繰り広げるレースはさらにヒートアップ。登場人物それぞれの見せ場と共に、しのぎを削り合う各校の熱いドラマから目が離せない。
ストーリー
小野田坂道の所属する総北高校自転車競技部が、新たなチームで挑んだインターハイ。レースは山岳部を超え、ライバルであり王座奪還を目指す箱根学園、怪物・御堂筋翔率いる京都伏見など、強豪たちがそれぞれの栄光を目指してさらに激しくぶつかり合う。
ここがポイント!
最新話を1週間限定で見放題配信しております。
2019年1月31日 23:59まで配信
©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会

エピソード

  • インターハイ栃木県大会1日目。ファーストリザルトは箱根学園の銅橋が獲得、続く山岳ステージでも総北の手嶋を抑え、箱根学園の真波が山岳賞に輝いた。快進撃を見せる箱根学園を、総北の今泉と鳴子が猛追する。
    23 分
    ※会員でない方でも無料でご覧いただけます。
  • 1日目のゴールに向けて、黒田&葦木場の箱根学園、今泉&鳴子の総北が激突。黒田が百戦錬磨のレース運びを見せる一方、今泉と鳴子は「どちらがエースなのか」を1日目のゴールで決めようと張り合い…。
    23 分
  • 1日目ゴールまで残り3.5km。優勝は総北か箱根学園どちらかだと誰もが確信する中、突如京都伏見の御堂筋と岸神が後方から奇襲を仕掛ける。しかし、鳴子だけは御堂筋から目を離さず、そのアタックについていく。
    23 分
  • 先頭で御堂筋と鳴子のデッドヒートが続く中、後方では黒田が猛追するが前の2人を視界に捉えることができない。すると、黒田とポジションを交代した葦木場がメトロノームダンシングで激走し、前との差を詰めていく。
    23 分
  • 持っている力を全解放して「変態」した御堂筋と、この日のために磨いてきた純粋スプリントを見せる鳴子。2人がゴールに近づくなか、そこに黒田の決死のアシストを受けて飛び出した葦木場が迫る。
    23 分
  • インターハイ1日目、三つ巴の戦いを制したのは、箱根学園のエース・葦木場だった。箱根学園が王者復権を見せつける一方、チーム総北は重苦しい空気に包まれる。そんななか、坂道の前に現れたのは…。
    23 分
  • New
    希望の足音
    金城と出会い、もっと強くなれと言葉をもらった坂道。1日目の敗北で揺らぐチーム総北は、2日目以降のレースを新たな気持ちで挑む決意をする。一方、1日目に敗れた京都伏見の御堂筋も新たな戦略を立てていた。
    23 分
    あと4日で終了
次回2018/03/02更新

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ