タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

御茶ノ水ロック

| 2018年
見放題
すれ違ってしまった兄弟の絆を中心に、バンドに懸ける男たちを描いた青春音楽ドラマ
見どころ
佐藤流司、染谷俊之ら若手人気俳優が集結。バンドマンの聖地・御茶ノ水を舞台に夢を追う男たちの姿を描く。キャストが吹き替えなしで演奏に挑んだライブシーンは必見。
ストーリー
子供の頃、片山始と片山亮の兄弟は「いつか武道館に立ちたい」という同じ夢を掲げるが、母の死をきっかけに別々の道を歩み始める。数年後、始は「ダイダラボッチ」というバンドを立ち上げ、兄にまた認めて欲しいという思いを胸に武道館ライブを目指す。
2019年1月31日 23:59まで配信
©御茶ノ水ロック製作委員会

エピソード

  • 「いつか武道館に立ちたい」子供の頃に同じ夢を見ていた片山始と亮の兄弟は、母親の死をきっかけに別々の道を歩み始める。そんな二人がある日偶然ライブハウスで再会する。
    24 分
  • 片山始は「ダイダラボッチ」というバンドを結成し、待望の初ライブが決まるも客席もガラガラで散々な結果に。そんな中、翌週にライブを控えボーカルが突然辞めることになり、始が代わりに歌うことになる。
    24 分
  • ボーカルが脱退し、ギターの始が歌うと宣言するも、スタジオでの練習の帰りにバンドメンバーに「始の歌は下手だ」とダメ出しされ、新ボーカルを探す提案までされてしまう。そんな中、メンバーの1人の携帯が鳴る。
    24 分
  • プロデューサー・片山亮にバンド名や自分たちの名前も英語名へと変えられ、不安を覚える「ヘブンズドア」のメンバー。一方、ライブに向け練習を重ねる「ダイダラボッチ」だが、乾の様子がおかしいことに気付く。
    24 分
  • ダイダラボッチのメンバーは、新鋭レコード会社「クリムゾン・スカイ・レコード」の社長が始の実兄であることを知るが、いつも通りの日常を送っていた。しかし、バンドの要でもある新田は、次の一手を考えていた。
    24 分
  • 亮の始に対する執着にも似た行動に「ダイダラボッチと始を潰すために自分たちを見出したのか」と詰め寄るSHO。SHOを含めたDICのメンバーはもっと実力をつけて、亮の目を自分たちへ向けようと決意する。
    24 分
  • 自主制作のアルバムを完成させ、オーディションもうまくいったダイダラボッチのメンバーは打ち上げをしようとするも、始はその誘いを断り母親の墓参りへ。するとそこへ亮がやって来て、母の命日に兄弟は再会する。
    24 分
  • 亮の推薦でインディーズバンドの最高峰を決めるライブイベントへの出演が決定したダイダラボッチは、「出るからには優勝したい」と意気込む。しかしその頃、同イベントのプロデューサー・荒巻が暗躍し始めていた。
    24 分
  • いよいよ「バズ・ロック・フューチャー」が幕を開け、亡き母の墓前へと決意を誓いに向かう始。しかし、そんな始を謎の男たちが取り囲む。一方、亮は始とダイダラボッチを潰すという強い意志を瞳に宿す。
    24 分
  • バンドを通してすれ違う兄弟の関係を描いた「御茶ノ水ロック」も全8話で本編が終了。今回は「舞台直前スペシャル」と題し、今度は舞台を目指して始動した、全8回のドラマに出演した若手俳優たちの挑戦を紹介する。
    25 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ