タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~

| 2016年 | 韓国
見放題
世界的アスリートを目指す男女の甘酸っぱい青春を描いた胸キュンラブコメディ
見どころ
恋を自覚した男女のピュア要素が盛りだくさん。想いが募っての暴走、ちょっとしたことで生まれるトキメキ、カップルになってからのスキンシップなどに心がくすぐられる。
ストーリー
ハノル体育大学重量挙げ部のボクジュと、水泳部のトップ選手・ジュニョン。ジュニョンは、ボクジュが小学生の頃に自分を助けてくれた女の子だと分かり、彼女のことが気になりだす。一方、ボクジュは親切な医師・ジェイと出会い、彼に一目惚れしてしまう。
2021年12月31日 23:59まで配信
©2016-7 MBC

エピソード

  • ハノル体育大学重量挙げ部の期待の星・ボクジュ。一方、同じ大学の水泳部に所属するジュニョンは常に練習では好タイムを出すが本番に弱かった。ある日、ジュニョンが乗った自転車がボクジュにぶつかり…。
    61 分
  • プールに落ちたボクジュはジュニョンに助けられた。その時、互いに小学生の頃の幼馴染みだったことを思い出す。ジュニョンはボクジュのことをデブだと言ってからかうのだが、ボクジュはそれが気に食わなかった。
    60 分
  • ボクジュはジェイの肥満クリニックを訪れるが、費用が高く、銀行の残高も足りなかった。するとボクジュは、重量挙げ用の靴を買うことにしてお金をもらおうと考え、父の店へ向かうが、そこである光景を目にする。
    58 分
  • 肥満クリニックの費用を払ったボクジュ。検査を受けると、健康的な体重だから無理な減量はしないようにと言われる。ジェイから傘を借りていたことを思い出したボクジュは、お礼にプレゼントをしようと考える。
    60 分
  • ジェイに会いに来たジュニョンは、診察に来ていたボクジュとクリニックで出くわす。ボクジュの施術着姿を見て驚くジュニョン。ジェイに音大生だと伝えていたため、ジュニョンと同じ大学に通っているとも言えず…。
    59 分
  • 公演を見た後、ジェイの車に乗せてもらったボクジュ。胸が高鳴り、しゃっくりが止まらなくなる。ジェイに温かい飲み物を買ってきてもらい、しゃっくりが止まるのだが、ジェイの行動によって、また出てしまう。
    63 分
  • 監督とコーチはボクジュが肥満クリニックに通っていることを知り、チャンゴルに会いに行く。朝から店に呼びつけられたボクジュは、クリニックの手帳が練習室に落ちていたことから、ばれてしまったことを知る。
    58 分
  • ジュニョンと通話中、ボクジュはシホに電話を切られてしまう。ジュニョンへの接近が気に食わず、肥満クリニックの手帳を自分が重量挙げ部に落としたとシホに告げられたボクジュ。彼女はシホに激怒し…。
    56 分
  • 大学に忘れ物を取りに戻ったジェイは、ボクジュを見かける。ジュニョンはボクジュをかばおうとするが、彼女は正直に、チェロ専攻も留学をするというのもうそで、自分は重量挙げの選手だと告白する。
    60 分
  • ジェイは重量挙げの大会があると知り、ボクジュの応援に行く。ジュニョンは競技中の姿を好きな男に見られたくないとボクジュが言っていたのを思い出し、どうして応援に来たのか、とジェイを責める。
    60 分
  • チェコーチが解雇されたため、落ち込むボクジュは、スポンサー企業とのミーティングにも参加しないまま姿を消してしまう。みんなが捜すなか、父親の前に現れた彼女はもう重量挙げをやめたいと言いだす。
    59 分
  • 冷蔵庫の前でシホが暴食している姿を見てボクジュは驚く。翌日彼女に問いただすと、寝ぼけていただけだと言う。ボクジュは、シホの様子が変だとジュニョンに伝えようとするが、余計なお世話だと考え、やめる。
    59 分
  • ジュニョンとボクジュは恋人同士となった。朝、ジュニョンに呼び出されたボクジュは、髪にピンを着けてヒキガエルの家へと向かった。ボクジュのピンを見たジュニョンは、ジェイに会う時に着けていた物だと気づき…。
    59 分
  • チェコーチの熱愛が発覚してすぐ、今度はヒョンチョルとイェビンの関係が明るみに出る。あちこちでカップルが誕生していると知ったナニは羨ましがる。ボクジュは抜け駆けは許さないと言われ、ぎょっとする。
    61 分
  • ジュニョンはとうとう母親と再会を果たした。会いたかったと言われたジュニョンは、お土産に運動靴をもらって喜ぶ。家族で夕食を一緒に取った2人はその翌日、母親の部屋で手料理を食べることにした。
    62 分
  • 泰陵選手村に入ったボクジュは消灯時間後、部屋の外でジュニョンに電話をする。だが、疲れている彼は電話の途中で寝てしまった。翌日、ジュニョンはボクジュに頼まれてチャンゴルの様子を窺いに行く。
    59 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ