タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

| 2017年 | 韓国
見放題
コン・ユが不滅の命を生きる“トッケビ”を演じたファンタジー・ラブロマンス
見どころ
『太陽の末裔 Love Under The Sun』監督&脚本家コンビがタッグを組み数々のアワードを受賞。コン・ユ、イ・ドンウク、ユク・ソンジェ(BTOB)のブロマンスにも注目。
ストーリー
命を落とした高麗時代の英雄、キム・シンは神の力によって永遠の命を生きる“トッケビ”となる。彼を解き放てるのは“トッケビの花嫁”と呼ばれる存在のみ。900年以上が経ったある日、シンは自らをトッケビの花嫁だと主張するウンタクと出会うが…。
2024年4月30日 23:59まで配信
© STUDIO DRAGON CORPORATION

エピソード

  • 不死身のトッケビであるキム・シンは、永遠の命から自分を解放してくれる「トッケビの花嫁」を捜して世界中を彷徨っていた。ある雪の夜、彼は人間の生死に関与してはならないというルールを破ってしまう。
    88 分
  • シンを追って韓国・ソウルからカナダ・ケベックへ一瞬でたどり着いたウンタク。自分のいる場所が本物の外国だと知ったウンタクは、シンをトッケビだと確信し、「あなたと結婚する」と宣言するが…。
    77 分
  • シンと死神は借金取りに拉致されたウンタクを救うが、救出方法が乱暴過ぎたため彼女の機嫌を損ねてしまう。その後、シンはウンタクを拉致させた叔母を懲らしめるべくドクファに身辺調査をさせ、ある作戦を決行する。
    82 分
  • 胸に突き刺さる剣の存在には最初から気づいていたとウンタクに言われ、動揺するシン。「まだ生きていたい気もする」と言うシンに対し、死神はウンタクをあの世に連れていくことを提案するが…。
    62 分
  • 歩道橋で再会したサニーと死神はカフェに行くことになるが、死神は無言でコーヒーを飲み続け、しびれを切らしたサニーは話をするよう促す。ようやく会話を始めるも、死神は名前を尋ねられた途端に帰ってしまう。
    67 分
  • 10年後の29歳になったウンタクを見たシンは、彼女に剣を抜いてもらおうとする。しかし、剣を抜くことの本当の意味を知らないウンタクは、まずは自分の望みが何かを考えるようシンに言い、アルバイトに行ってしまう。
    76 分
  • 全国一斉の大学修学能力試験を終えたウンタクが帰宅すると、シンと死神とドクファがケーキで出迎えてくれた。感激したウンタクは、「トッケビさんと映画を観にいきたい」と願い事をし、2人で映画館へ出掛ける。
    74 分
  • ウンタクがついに剣の柄を掴むが、トッケビは痛みと恐怖からウンタクを突き飛ばしてしまう。驚いて気を失いながらも「トッケビの花嫁だと証明できてよかった」と笑うウンタクに、シンは複雑な表情を浮かべた。
    72 分
  • 死神から剣の秘密を聞いたウンタクは、シンの前から姿を消そうと決心して家出をする。シンは心当たりのある場所を捜し回るが、彼女を見つけることができず、最終手段として死神に「処理漏れ」の申請を出すよう頼む。
    78 分
  • サニーの記憶を消したことを忘れ、死神はうっかり彼女の本名を口走ってしまった。なぜ自分の本名を知っているのか、正体は何なのかとサニーは死神に詰め寄り、はぐらかそうとした彼の手を掴むが…。
    76 分
  • サニーの前世が妹のソンだと死神から聞かされたシンはチキン店を訪ねるが、急に前世の話をされたサニーは困惑してシンと死神を追い返す。その後もシンは店を訪ねては妹が好きだった物をサニーに差し出すが…。
    74 分
  • アルバイト中にこれまでに見たことのない不気味な幽霊に会ったウンタクは、死神の言葉を思い出して不安を覚える。一方シンと死神は、ウンタクとのやり取りでドクファに神が憑依していたことに気づいた。
    83 分
  • 死神は、記憶の消去などの特殊能力を私的に使っていたことや、名簿の情報漏えいの事実を冥界の監査チームに知られてしまい、懲戒処分を受ける。そして死神は、罰として前世の記憶を全て戻されてしまった。
    84 分
  • パク・チュンホンからウンタクを守るために剣を抜いたシンは、ウンタクとの約束を守るため神のいない場所で孤独と闘っていた。一方、シンと彼に絡む全ての記憶を消されたウンタクは、念願のラジオのPDになれたが…。
    75 分
  • カナダの街を散策するウンタクの前に突然シンが出現。ウンタクはそんな彼を怪しむが、広告契約の恩があるため食事をごちそうする。10年前に2人で訪れた場所をたどりながら、シンは初恋の人との思い出を語る。
    63 分
  • 季節外れの桜の木の下で、シンはウンタクにプロポーズをし、ウンタクは「わびしく燦爛たる男の花嫁になる」と言って承諾する。シンの気まぐれで数日後に挙式をすることになった2人は、結婚式の準備を始めるが…。
    73 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ