タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
日曜日更新 第二十四話配信中

ゲゲゲの鬼太郎 (第6作)

| 2018年
見放題
水木しげる原作の妖怪漫画が、初のアニメ化から50周年を迎えて6度目のアニメ化
見どころ
沢城みゆき、野沢雅子、田中真弓といった豪華声優陣が参加。水木しげるの不思議な世界観の中で、現代の要素を入れ込みながら描かれる作風と展開は見応えあり。
ストーリー
多くの人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発し、大人たちは右往左往していた。そんな状況のなか、13歳の少女・まなは妖怪ポストに手紙を書した。カランコロンと下駄の音を響かせて、彼女のもとに鬼太郎がやってくる。
ここがポイント!
1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代と、約10年ごとにアニメ化されている。目玉おやじ役の野沢雅子は、過去に鬼太郎の声優を担当していた。
2020年4月30日 23:59まで配信
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

エピソード

  • 渋谷のスクランブル交差点に森が出現し、街行く人々が突然木になってしまう不可思議な現象が発生。中学生のまなが半信半疑で妖怪ポストに手紙を出すと、げたの音を鳴らしてゲゲゲの鬼太郎がやって来た。
    22 分
  • 人気アイドルグループ・電池組のドームコンサートで、数万人の来場者が一瞬で消えてしまった。その事件の背後には、ねずみ男が立ち上げた芸能事務所、ビビビ・プロモーションが関係していて…。
    22 分
  • 各地で子供たちの失踪事件が起こっていると知ったまなは、鬼太郎たちと真相解明すると張り切るが、鬼太郎は「妖怪と人間は友達になれない」と突っぱねる。そんななか、まなが子供を誘拐していた妖怪にさらわれ…。
    22 分
  • 隣の家のまなから鬼太郎の話を聞いた小学生の裕太がゲゲゲの森に来てしまった。渋々と森の中を案内する鬼太郎。一方、妖怪が好きな裕太は大喜びしていた。ところが、山じじいの木の実を摘んでしまい…。
    22 分
  • 妖怪・かみなりの能力に目を付けたねずみ男が電気会社を立ち上げたところ大当たり。しかし、かみなりのコントロールが次第に利かなくなってしまう。かみなりの暴走を止めようと鬼太郎が現れるが…。
    22 分
  • 田舎を飛び出した青年・翔から「山奥の村に1人で暮らす母が妖怪にとりつかれた」という手紙が届き、鬼太郎たちは青年の母・マサエのもとを訪れる。そこで鬼太郎はマサエに懐くネコに目をつけて…。
    22 分
  • 飲み屋である企業の社長が、部下に対して妖怪の存在を否定しているところに鬼太郎が現れる。鬼太郎の反論に応じずに立ち去っていく社長たちは、その帰路で深夜の不思議な臨時列車に乗り込んでしまう。
    22 分
  • 学校の社会科見学でとある村を訪れたまなは、うっかり古い石碑を倒してしまう。その後、同級生たちは体調を崩して入院し、まなの周囲でもおかしなことが起こり始める。そして、まなは鏡の中に捕らわれてしまい…。
    22 分
  • 薄給・激務のため従業員が次々と辞めていくIT企業。人手不足に悩む社長の前にねずみ男が現れ、妖怪の人材あっせんを始める。遠野からやってきた河童たちは、時給キュウリ3本という安い給料で働き始めるが…。
    22 分
  • 「最近学校で奇妙なことが起こっている」とまなから相談を受けたねこ娘は学校を訪れる。学校の七不思議の1つであり、ねこ娘の友達だというトイレの花子さんに会いに行くが、その姿が見当たらず…。
    22 分
  • 突然東京湾の上空に第2の月が現れる。一方、200年前に封印されたはずの四国の八百八狸軍団が日本政府の乗っ取りを宣言。鬼太郎に助けを求めようとしたまなは、タヌキたちに捕らえられてしまう。
    22 分
  • 日本政権がタヌキに乗っ取られ、反タヌキ派が次々捕らえられていくなか、人々は互いの言動を監視しあうようになってしまう。一方、刑部狸の呪いで石になった鬼太郎を助けようと、まなやねこ娘たちは地下へと向かう。
    22 分
  • ねずみ男が経営する激安ダイヤ店が大繁盛。それを怪しむ鬼太郎にねずみ男が反発し、2人は絶交状態に陥ってしまう。実はねずみ男は裏で輪入道と手を組んで、人間をダイヤモンドに変えて売りさばいていたが…。
    22 分
  • 眠ったまま目覚めなくなってしまった父を心配する少年・マサシは、まなを通じて鬼太郎に助けを求める。ほかにも眠ったままの大人たちが多数いると聞いた目玉おやじは、まくら返しの仕業ではないかと推測するが…。
    22 分
  • アイドルの追っかけをしている少女・きららは可愛い顔になりたい願望が強く、自分の容姿を恨めしく思っていた。ある日きららは妖怪・ずんべらに出会う。ずんべらはきららに霊形手術を受けるよう持ちかけて…。
    22 分
  • 叔父と叔母が住む境港を訪れたまな。まなのために叔父の庄司は活きの良い魚を獲ろうと漁に出るが、そのまま戻ってこなかった。町の漁師たちと船で捜索に出たまなは、沖で船幽霊たちに襲われてしまい…。
    22 分
  • 鳥取県境港の町で夜な夜な怪しい修行僧が現れて、謎かけをして答えられない人々を銅像に変えていく事件がひそかに発生していた。そうとは知らない鬼太郎の仲間たちが次々と銅像にされてしまい…。
    22 分
  • 鬼太郎の家の前に大量の野菜が届けられ、誰の仕業かと不審がる鬼太郎と目玉おやじ。その野菜は誰も使わなくなった畑を借りて、ねこ娘が育てていた物だった。そんなある日、ねこ娘は道端で倒れている少年を見つける。
    22 分
  • 試験も何もないおばけの学校があるという噂が流れるなか、まなは裕太から友達がおばけになると言って姿を消したと相談される。一方、同じ内容の手紙を受け取った鬼太郎は、おばけの学校を探し始める。
    22 分
  • ある日、まなは母・純子と共に入院している大叔母・淑子を見舞いに行く。淑子から家に花が咲いているか見てほしいと頼まれたまなは、庭だけでなく屋根や壁にまで真っ赤な花が咲き誇っている光景を目の当たりにする。
    22 分
  • 触れるものを燃やしてしまうため、人や妖怪を避けて暮らしているたくろう火。そんなたくろう火にねずみ男が近づき、人間のために働こうと持ちかける。かくしてねずみ男プロデュースのアトラクションが話題となり…。
    22 分
  • とある観光地の島にやってきたねこ娘とまな。一方、ねずみ男もテレビの怪奇番組の制作チームと共に島を訪れていた。その島には牛鬼という恐ろしい妖怪がいたという伝説が古くから語り継がれていて…。
    22 分
  • 1968年、あるところにアパートが建てられたが、新築にもかかわらず3体の妖怪が住みついてしまう。おびえた住人が次々と逃げ出し、途方に暮れたアパートのオーナー夫婦は妖怪ポストに手紙を出すことに。
    22 分
  • New
    ねずみ男失踪!?石妖の罠
    ある日、ゲゲゲの森にねずみ男が結婚するという噂が流れて激震が走る。半信半疑のまま結婚式場を訪れた鬼太郎たちは、上機嫌なねずみ男と予想に反した美女である新婦・妖子に会い、2人の幸せを願うが…。
    22 分
次回2018/09/30更新

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ