観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

アイムソーリー カン・ナムグ~逆転人生~
元夫への復讐を誓った女性が、真実の愛に癒やされていくラブストーリー
|2017年|韓国
見放題
第1話を再生(36分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
出生の秘密、自分を捨てた夫への復讐、家族間の対立など韓国ドラマに欠かせないドロドロ要素が満載。『もう一度始めよう』のパク・ソンホの地上波初主演作。
ストーリー
孤児院出身の夫婦・モアとドフンは幼い息子を懸命に育てていた。そんななか、突如ドフンが財閥2世だと判明。野心に目覚めたドフンはモアを捨て、息子まで奪ってしまう。絶望に打ちひしがれ、ドフンへの復讐を誓うモアの前にカン・ナムグという青年が現れる。
エピソード
全120話
児童養護施設で育ったチョン・モアとパク・ドフンは結婚し、モアは働きながらTMOグループへの就職を目指す夫を支えていた。一方、TMOグループ会長の妻・ミョンスクは、3歳の時に行方不明になった息子を捜していた。
TMOグループで契約社員として働くモアは契約解除を告げられ、叔母の家での居候生活から抜け出そうとした矢先だけにショックを受ける。一方、カン・ナムグは相変わらず女性をだまして貢がせる生活を続けていたが…。
ドフンは急病の息子・ジェミンを救急外来へと連れていく。その時偶然、モアが倒れたテハクを搬送する救急車に同乗して同じ病院に来ていた。ドフンは院内で財布を拾い、その持ち主がTMOグループの会長だと知る。
テハクを助けたことで会長室に呼ばれたモアは、困ったことはないかと尋ねられるが、雇用を続けてくれとは言いだせなかった。一方、ミョンスクは行方不明の息子・ミンジュンを見つけようと必死の思いだったが…。
ミンジュンを目撃したという情報が入る。ミンジュンと見られる子は交通事故に遭ったと聞き、テジンは目撃者に会いにいく。一方、モアとドフンはチョンスの計らいで結婚の記念写真を撮影し、幸せに浸っていた。
TMOグループの入社試験の面接に臨むドフン。彼が児童養護施設で育ったと知ったテジンが腕を見せるよう強要し、右腕の傷痕を発見。面接なのに不当な質問ばかりされたドフンは怒って退出しようとするが…。
ミョンスクはテジンが破り捨てた写真をゴミ箱から発見。そこには右腕に傷痕のあるドフンが写っていたのだが、彼のことを知らないミョンスクは、写真の人物は誰なのかとテジンを問い詰め、言い争いになる。
入社試験の健康診断でドフンの血液型がO型と判明。過去の記録から彼がA型だと思いミンジュンである可能性はないと判断していたテジンは、健康診断の結果を発表しないよう根回しをし、DNA鑑定を進めようとするが…。
入社試験で不合格になったドフンは期待を裏切ったことをテジンに抗議し、公平に合否を判定してほしいと哀願する。その様子を偶然見かけたモアは、経緯を知らないため試験に落ちたドフンを慰めるほかなかった。
ドフンが手伝う中国料理店に来たミョンスクは、ドフンに幼少期のことや腕の傷について尋ねるが、彼は何も覚えていないと答える。ただ、ドフンが自分の血液型がA型だと答えたことから彼女の中に謎が生まれる。
ミョンスク、テハク、テジンが会っていた場に、ドフンがミンジュンだと推定されるDNA鑑定の結果が届き、これに衝撃を受けたミョンスクは倒れてしまう。一方、ドフンは自分の血液型がA型ではなくO型だと知る。
モアにDNA鑑定の結果を見せ、自分がテハクの息子だと告げたドフン。テハクとミョンスクは、喜んでドフンたち親子を受け入れる準備を進める。その頃テジンは、息子のウシクが死んだ25年前のことを思い出していた。
モアとジェミンを連れてテハクの家にやってきたドフン。彼の妻がモアだと知ったミョンスクは、最初は当惑を隠せなかったものの、それでも仲よくやっていこうというそぶりを見せていたのだが…。
ドフンたち親子3人がテハクの家に引っ越してきた日、ミョンスクは持ってきた家財道具を全て処分するようモアに告げる。ドフンが取りなし、モアの親の形見を含む家財道具は倉庫で保管することでその場は収まるが…。
TMOグループの社員として初めて出社したドフンは、一般の新入社員と同じ扱いと思いきや、ミョンスクの意向で本部長というポストが与えられる。一方、社内は会長の息子が入社したという噂で持ちきりだった。
モアとその親族たちがドフンにとっては邪魔な存在だと感じているミョンスク。彼女に対してテジンは、モアとドフンを離婚させてやると持ちかけるが、テジンに少しの見返りも渡したくないミョンスクはこれを拒んだ。
ジェミンが友人たちを家に招待した席で、ミョンスクは目下の使用人に対してはぞんざいな口調で話すよう教育した。その結果、友人たちだけでなくジェミンまでもが使用人に対して侮辱的な言葉を浴びせてしまう。
チャ議員夫婦との食事会の場所にモアがいるのを目撃したミョンスク。モアがドフンの妻であることを公にしたくない彼女は、モアにテーブルの下に隠れさせ、そのことに気づいたドフンも知らないふりをするのだった。
ミョンスクは、ひき逃げ事故で生き残った被害者まで呼び、モアの両親はひき逃げ事故を起こして人を死なせたのではと詰問。するとモアは自分が目撃したと言って認め、ドフンはなぜそのことを黙っていたのかと責める。
ミョンスクはモアをエステに連れていっては、カウンセリングのアン先生を使って彼女に催眠術をかけていた。その結果モアは、自分の両親がひき逃げ事件を起こしたという虚偽の記憶を刷り込まれていたのだった。