観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

風が強く吹いている
直木賞作家・三浦しをんの名作小説が原作の箱根駅伝を舞台に繰り広げる青春ストーリー
|2018年
見放題
第1話を再生(22分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
何といっても注目は個性豊かな10人のランナーたち。駅伝シーン以外でも、それぞれの生い立ちが語られる人間ドラマを楽しもう。
ストーリー
寛政大学4年の清瀬灰二は、類まれな「走り」で夜道を駆け抜けていく蔵原走に出くわし、下宿の竹青荘に半ば強引に住まわせる。同じ夜、走の歓迎会で、灰二から「竹青荘のみんなで箱根駅伝出場を目指す。」という壮大で無謀な目論みが告げられる。
エピソード
全23話
夜道を逃げる蔵原走を自転車で追う1人の男が、「なあ、走るの好きか!」と問いかける。その男、清瀬灰二に導かれ、走は竹青荘という学生寮へたどり着く。やがて走と住人たちの前で灰二の無謀な目論みが明かされ…。
竹青荘のみんなで箱根駅伝出場を目指すという灰二の無謀な提案に走は強く反発する。住人たちも陸上は全くの素人で、誰も灰二の言葉を真に受けようとはしない。そして、彼らは各々の大学生活を続けようとする。
灰二との熱湯対決を引き分けで終えた走は、反発しながらも住人との早朝ジョギングに参加する。そこには彼らを諦めさせるという走なりの狙いがあった。翌朝、走の予想通り数名の住人がジョギングをボイコットする。
旧知の仲である榊浩介と思いがけない再会を果たし、走は動揺を隠せない。その胸の内には高校時代に味わった、才能ゆえの深い孤独が渦巻いていた。影を振り切るように駆ける走の前に“もう1人の走”が現れ…。
榊に挑発されたことで、結果的に距離を縮めた走と竹青荘の住人たち。みんなが決意も新たに盛り上がるなか、キングが慣れないスーツ姿で帰ってくる。一方、走は早くも記録会への出場を目論む灰二に異を唱える。
エスカレートしていく灰二の要求に強く反発するキング。就活でも思うような成果は出ず、気遣ってくれる神童に対しても心を閉ざして単独行動をし始める。一方、走もニコチャンのもとを訪れ、灰二への疑念を口にする。
初めての記録会に臨むため、東体大を訪れる竹青荘の住人たち。そこで走の因縁の相手・榊浩介と再会し、彼は執拗に走を挑発する。2人を止めようとした灰二に、箱根の王者・六道大学のエース・藤岡一真が声をかける。
記録会で惨敗した竹青荘の住人たち。愚痴をこぼし、自らの力不足を慰める仲間の姿に走が感情を爆発させる。そんな走をなだめるうちに、ニコチャンが心の底で燻らせている陸上への想いを吐露する。
王子に次回の記録会の成績次第ではメンバーから抜けるよう提案する走。その発言に効力はないと言う灰二に対し、王子は「僕でも記録は出せるのか?」と直言する。さらに灰二にはもうひとつ、気がかりなことがあった。
突然昏倒してしまった灰二。住人たちは灰二に支えられていたことを痛感し、ニコチャンは走と王子に和解を持ちかける。だが、不器用な2人は溝を埋められずにいた。その翌日、神童が代理キャプテンの選出を提案する。
双子とムサが公認記録を獲得し、竹青荘の住人たちは希望を掴んだかに見えた。しかし、そこには記録を出せずに伸び悩む神童とユキの姿もあった。灰二が2人を諭そうとするが、言葉だけでは2人を救えず…。
公認記録獲得を目指す戦いが本格的に始まった。すでに記録を持つムサ、ジョータ、ジョージが葉菜子と共にレースを見守るなか、走は先頭集団で競合留学生とわたりあい、灰二は榊と静かに競りあっていた。
寛政大陸上部は夏合宿で訪れた白樺湖で東体大と鉢合わせる。榊は走の過去を告発するように執拗な挑発を繰り返す。我慢の限界に達した走が拳を振り上げたその時、仲間たちが2人の間に割って入り…。
走の過去を受け入れ、再び走り始めた寛政大陸上部。合宿で地獄の猛特訓を重ね、都内に戻れば後援会募集、資金調達、就職活動などに奔走する。いつしか彼らから素人の面影は薄れ、競技者としての逞しさが漲っていく。
選手全員が公認記録を獲得。予選会の出場資格を得て、灰二が監督の田崎に現状を報告する。予選を突破するにはまだまだ厳しい状況だが、周囲の期待は高まる一方。テレビの取材も舞い込み、みんなが浮き足立つが…。
目の前で転倒した他校の選手を辛うじて回避して衝突を免れた灰二だが、右足に全体重をかけてしまう。騒然とする給水所前。やがてレースは街路へと移り、選手たちの生き残りを懸けた戦いが加速する。
奇跡の予選突破を成し遂げた寛政大学陸上部には入部希望者が押しかけ、取材依頼も殺到する。それでも灰二は冷静に、本番への準備に集中しようとする。そんなある日、疑念を抱いたジョータとジョージが突然反抗し…。
王者・六道大の藤岡と邂逅した走。藤岡は確かな言葉で、走の胸に刺さった小さなとげを鮮やかに抜いてみせる。走はそこに王者の確かな強さを実感する。そして、藤岡は灰二との過去について語り始める。
東京箱根間往復大学駅伝競走の幕が上がる。1区を走る王子は、ほかの選手の背後に位置を取って体力温存を目論む。それは灰二が授けた頂点を取るための作戦だった。さらに灰二は監督車の田崎に王子への伝言を託す。
葉菜子の姿を見つけたジョータ。自分の恋に気づいたジョータが、弟のジョージへ襷をつなぐ。一方、葉菜子の想いも聞かされたジョージもまた心ここにあらず。突然の葉菜子パニックにほかの選手も浮き足立っていた。