観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

21件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

18件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

14件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

【毎週更新】週間映画ランキング

10件

もっとも観られた映画は?先週の映画ランキング Top10 !

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

H2
野球を通じて4人の少年少女が紡ぐ恋物語。大ヒットスポーツ青春アニメ
| 1995年
見放題
#1を再生(24分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
原作はあだち充の漫画で、2人の主人公と2人のヒロインが物語を動かして行く、群像劇的な恋愛劇が特徴。2人の主人公が共に強選手で、野球シーンの熱さも見もの。
ストーリー
中学時代から野球部で活躍していた比呂と英雄は大親友でありライバル。しかし2人は医者に故障を宣告され、野球から離れることに。そのまま比呂は野球部のない千川高校へ、英雄は明和第一高校へ進学するが、あるきっかけから再び甲子園出場を目指し始める。
エピソード
全41話
肩を壊した国見比呂はピッチャーを断念し、野球部のない千川高校へ進学。また、彼の親友・橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。バッターとして期待される橘英雄の高校生活が始まった。
野球部のない千川高校へ進学した国見比呂。親友の橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。サッカー部に入部して新たなスタートを切った比呂。一方、古賀春華は野球愛好会のマネージャーを始める。
国見比呂は野球部のない千川高校へ進学。また、彼の親友・橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。サッカー部が野球愛好会と野球の試合をすることになった。比呂のポジションはキャッターだった。
国見比呂と親友の橘英雄。比呂は野球を忘れようとしたが、英雄は野球を極めようとしていた。野球愛好会はサッカー部相手に苦戦を強いられてしまう。一生懸命な彼らに比呂はさりげなくアドバイスを送った。
国見比呂と橘英雄は親友だ。比呂は肩を壊して野球を忘れようとしたが、英雄は野球を極めようとしていた。比呂は、野球の試合の途中でサッカー部を退部することを決断。野田敦と一緒に野球愛好会に入会する。
国見比呂は野球部のない千川高校へ進学。また、彼の親友・橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。比呂と敦、中学地区大会での2年連続優勝バッテリーが復活することになった。試合の流れは愛好会に向く。
野球部のない千川高校へ進学した国見比呂。親友の橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。比呂は投げ続けると3カ月で肘が壊れると宣告されていた。彼は、野球愛好会は1日限定のつもりだった。
国見比呂は野球部のない千川高校へ進学。また、彼の親友である橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。古賀春華は比呂に野球愛好会のコーチを依頼。しかし、比呂は野田敦のことを推薦した。
国見比呂は小学生の頃からキャッチャーの野田敦と最強バッテリーを組んでいたが、それぞれ体を痛め、一度は野球をやめる。比呂と敦は誤診されていたことが判明する。2人は大好きな野球の練習を再開する。
国見比呂は野球部のない千川高校へ進学。また、彼の親友・橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。野球愛好会を野球部へ昇格させたい比呂は努力を惜しまない。そんななか、野球嫌いの校長がある条件を出す。
野球部のない千川高校へ進学した国見比呂。親友の橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。野球愛好会が英雄の明和第一と対決することになった。この試合に勝てば野球部に昇格、負ければ解散となる。
国見比呂は野球部のない千川高校へ進学。また、彼の親友・橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。夏真っ盛り、明和第一との試合に向け、練習に励む野球愛好会。そんななか、ひかりはプールに誘うが…。
国見比呂は小学生の頃からキャッチャーの野田敦と最強バッテリーを組んでいたが、それぞれ体を痛め、一度は野球をやめる。明和第一野球部の練習に潜入した比呂と敦は敵情を探る。そこであることの必要性を感じる。
野球部のない千川高校へ進学した国見比呂。親友の橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。野球部へ昇格か、解散か、野球愛好会にとって運命の試合当日がやってきた。だが、相手チームは2軍だった。
国見比呂は小学生の頃からキャッチャーの野田敦と最強バッテリーを組んでいたが、それぞれ体を痛め、一度は野球をやめる。明和第一は余裕を見せていたが、比呂が実力を発揮すると、英雄が打席に立つ。
千川高校野球愛好会と野球の名門校・明和第一高校の試合は続いている。最初は比呂たちは劣勢だったが、比呂が実力を見せつけた。比呂と英雄の真剣勝負が始まる。春華とひかりはその様子をベンチで見守る。
千川高校野球愛好会と明和第一高校の試合は続いている。最初は比呂たちは劣勢だったが、比呂が実力を見せつけた。同点で迎えた最終回。再度比呂と英雄が対決する。この練習試合のルールで延長戦はなかった。
千川高校野球愛好会と明和第一高校の試合は続いている。最初は比呂たちは劣勢だったが、徐々に拮抗しだす。2点差を追う九回裏、千川の攻撃が始まる。足の痛みをこらえる比呂に打席が回ってきた。
千川高校野球愛好会と野球の名門校・明和第一高校の試合は続いている。最初は比呂たちは劣勢だったが、徐々に拮抗しだす。最後のバッターは敦だったが、誤審によりアウト。試合終了となったのだが、校長は…。
国見比呂は野球部のない千川高校へ進学。また、彼の親友・橘英雄は野球の名門校・明和第一高校へ進学した。愛好会は野球部への昇格を認められた。そんななか、春華は比呂の足のけがを心配していた。