観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

復讐の女神
アガサ・クリスティ原作の「ミス・マープル」の物語を韓国でドラマ化したミステリー
|2018年|韓国
見放題
第1話を再生(28分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
『シュリ』のキム・ユンジンが、娘を殺した真犯人を捜す復讐の顔と、濡れ衣を着せられ苦しむ人々のために事件を解決する知的な顔を使い分ける抜群の演技力を見せる。
ストーリー
残酷な方法で少女が殺され、第一発見者の母親が無実を訴えながらも犯人として投獄される。9年後、母親は脱獄し、ある町で推理小説家のマ・ジウォンとして生活しながら、娘を殺害した犯人の情報を得ていた。そんななか、静かな町で次々と事件が起こり…。
ここがポイント!
主演のキム・ユンジンは、2000年の『情熱 Love in Three Colors -有情-』以来、19年ぶりに韓国ドラマに復帰した。
エピソード
全32話
自分の娘を殺害した罪で治療監護所に入所していた女が脱獄を図る。通報を受けて現場に急行した刑事のハン・テギュは、女はまだ治療監護所内にいると断言して門を閉め、面会者も刑務所内に閉じ込めてしまう。
ハン刑事は脱走した女を追って納骨堂へ向かう。女を発見できたが、油断した隙に逃げられてしまう。また、「真犯人は別にいる」と言った女の言葉が頭から離れないハン刑事。彼はヤン検事のもとを訪ねることにした。
ハン刑事は、女が長く刑務所に服役していたにもかかわらず、突如脱走したことに疑問を抱く。そこで思いついたのは、事件現場の近くで撮影された映画を見せたこと。ハン刑事は再度事件の真相を探らねばと思う。
小説家のマ・ジウォンに成り済ました女は、住民からミス・マと呼ばれていた。ある日、ミス・マや町のゴロツキであるコ・マルグのもとに脅迫状が届く。そんななか、パク・ジンスクは私設文庫のホン先生を心配して...。
ムジゲ町にハン刑事が姿を現し、逮捕の危機に陥るミス・マ。だがそこに、姪を名乗るソ・ウンジが現れ、脱走犯ではなく小説家のマ・ジウォンだと証明。ウンジもミス・マと同じ事件を追っていたのだった。
いじめに遭っていたジンスクの息子・ウジュンは、マルグのおかげで友達ができた。一方、ミス・マは9年前の事件の目撃者であるイ・ジョンヒを捜す。ウンジも協力し、2人はジョンヒとおぼしき人物の写真を見つける。
ジンスクの遺体が自宅で見つかる。ジンスクの筆跡の遺書があったため、警察は自殺と断定。だが、ミス・マは家族の犯行を疑う。ウジュンを守るため、ミス・マは警察からの参考人招致に応じることにした。
ミス・マとウンジは、ジンスクを殺害した犯人は夫のチェ弁護士だとペ巡査に訴えるが、相手にされない。そこでミス・マたちはチェ弁護士に脅迫状を送り、わなを仕掛ける。だが、逆にウンジが襲われてしまった。
9年前の事件の目撃・ジョンヒがとうとうミス・マのもとにやってくる。ジョンヒは夫で監督のソン・ジェドクの作品で女優復帰することになっていた。ソン監督は購入した豪邸でパーティを開催することに決めた。
ミス・マはチェ弁護士と面会し、9年前の事件の情報と引き換えにウジュンを育ててほしいと提案される。一方、ハン刑事が妻へ電話をすると、電話口から聞き覚えのある声が聞こえてきた。ハン刑事が帰宅してみると...。
事件当時、ペ・ヒジェはジョンヒをゆするために撮影現場を訪れた。そこでジョンヒが身ごもった子についての秘密を握る。現在、ミス・マがジョンヒのことを取材していると知ったヒジェは、ジョンヒの情報を売り込む。
ヒジェはソン監督の自宅で開催されたパーティで殺害される。夫のアン・ソンテは自分が疑われると思い、急いで会場を出た。その姿を目撃したミス・マは彼を追うが、そこには金の回収に来ていたマルグがいて...。
ジョンヒは一命を取り留め、薬物反応もシロと判定された。だが、ジョンヒが飲んだコーヒーからは微量のヒ素が検出される。一方、ジョンヒに死なれては困ると考えたミス・マはJDフィルムのク社長に会うことにする。
ジョンヒは自宅に戻ると、ベッドに血を流した人形が置かれているのを目撃。9年前の真犯人が近くにいると感じたミス・マは、ヒジェ殺しの犯人を捜す。一方、ソン監督は妻を守ろうと、マルグにボディガードを頼む。
ハン刑事はジョンヒの家で行われた投資家パーティで、ミス・マとチャン・チョルミンを会わせようと考えた。しかし間一髪のところでミス・マはその場から立ち去る。一方、ウンジのヘアピンを見たチョルミンは...。
ミス・マは付け爪の持ち主を捜すため、ジョンヒの後輩、ソ・ソジョンと会い、ジョンヒが以前、養子縁組で養女を引き取っていたと知る。ソン監督に事実を確認すると、養女の名前はイェジだと判明する。
助監督であるパク・ミョンヒが毒殺された。彼女が死ぬ直前に電話をかけていたソン監督に容疑がかかる。そんななか、ミス・マはミョンヒの「人は愛する者を守るために嘘をつく」という言葉を思い出していた。
事件の真相を調べようと、ウンジとミス・マはパーティ会場で写真を撮っていたチョン・ユジョンに接近。ミス・マたちはパーティ当日の写真データが必要だとして、ユジョンに写真撮影をしてもらうことを思いつく。
何者かに呼び出されてジョンヒがスタジオに向かうと、そこにはユジョンと血を流したチェ室長がいた。ユジョンはジョンヒをその場から逃がすのだが、直後にやって来たミス・マにはジョンヒの逃げる姿を見たと告げる。
ミス・マはユジョンが元養母・ジョンヒを守ろうとしていると気がつき、ウンジの身が危険だと知ると、映画の撮影所へ急行。だが、到着したミス・マは突然ユジョンに襲われ、目を覚ますと拘束されていた。