観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

男も惚れる男、ロック様!

14件

今やアクション映画に欠かすことのできないロック様こと、ドウェイン・ジョンソンにフォーカス!

魔道祖師
中国発の大人気アニメが日本上陸。世界が熱狂する大ヒットファンタジー
|2018年|中国
見放題
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
古代中国を背景にした重厚な世界観と、その世界を生きる2人の主人公のやり取りが魅力的。多くの登場人物とその思惑が入り乱れる、謎に満ちた展開にも注目。
ストーリー
暴虐の限りを尽くしていた岐山温氏を討伐した「射日の征戦」から十三年後。死んだはずの魏無羨(ウェイ・ウーシエン)は呪術によって世に蘇り、かつての友、姑蘇藍氏の藍忘機(ラン・ワンジー)、義兄弟である雲夢江氏の江澄(ジャン・チョン)と再会する。
エピソード
全23話
13年前、四大世家により消滅したとされる夷陵老祖・魏無羨。莫玄羽は自分の命と引き換えに夷陵老祖を再び世に復活させる。目覚めた魏無羨は自分の腕に3つの傷を見つける。それは莫玄羽が残した3つの願いだった。
藍忘機の琴の音により鬼手は鎮圧されたが、魏無羨は藍忘機の姿を見てその場を去る。すると魏無羨のロバがわなにかかり、そこに金凌と江澄が現れる。ことなきを得た魏無羨は、金凌が師姉の忘れ形見と知る。
20年前、魏無羨と江澄は雲深不知処の座学に参加し、そこで清河聶氏の聶懐桑と友になる。自由奔放な魏無羨は夜中に姑蘇の銘酒・天子笑を飲んだことで、藍氏双璧のひとりである藍忘機を怒らせてしまう。
魏無羨や江澄ら各世家の弟子たちは、藍忘機とその兄・藍曦臣と共に、魔物退治のため彩衣鎮へやってくる。魏無羨の舟が蘭陵金氏・金子軒の舟にぶつかりもめそうになったところ、突然、水の怪が現れ...。
雨の夜、書房で水の怪のことを考えていた藍忘機は、こっそり酒を持ち込む魏無羨を見つける。罰を与えようとする藍忘機と魏無羨は塀の外に落下。魏無羨は藍忘機に夜間外出禁止のおきてを破らせてしまう。
魏無羨はいいなずけの江厭離に侮辱する言葉を吐いた金子軒に激怒し殴りかかってしまう。罰として魏無羨はひざまずかせられ、江氏宗主・江楓眠と蓮花塢へ帰ることに。江楓眠の妻・虞夫人は魏無羨を激しく非難し...。
温氏の清談会に参加した魏無羨は温寧と偶然出会う。魏無羨は同じく参加していた藍忘機を抹額が曲がっているとからかい激怒させる。狩猟大会では温家の成績が振るわないため温晁が傍若無人な振る舞いをして...。
狩猟大会の上位4人に子弟が入らず、怒った温若寒は雲深不知処を襲うよう温晁に命じる。蔵書閣は焼かれ、蔵書を持って逃げた藍曦臣は行方不明に。そんななか、温氏は各世家に子息を不夜城に寄こすよう通達する。
綿綿をかばって焼きごてを受けた魏無羨。怒った温晁は自分たちだけ洞窟から脱出し、入り口を塞いでしまう。玄武のいる洞窟に閉じ込められた魏無羨たちは、洞窟の奥に出口があると予想し外に出るが...。
屠戮玄武の体から不思議な剣を見つけた魏無羨。湖の底へと沈んでいくが目覚めるとそこは雲夢だった。江澄は魏無羨の無謀さを責めるが逆に江宗主に叱責される。すると虞夫人が魏無羨の母親のことを持ち出して...。
不遜な態度を取る王霊嬌を痛めつけた虞夫人だったが、そこへ温逐流が現れ温氏の大軍が江宗主不在の蓮花塢に猛然と襲いかかる。江氏一門は陣を張って蓮花塢を守るが、陣は破られ蓮花塢は壊滅の危機に陥る。
温氏に江氏一門が殺され、お尋ね者となった魏無羨、江澄、江厭離。姑蘇では藍忘機が魏無羨たちの行方を案じていた。一方、温氏の追っ手から身を隠す魏無羨と江澄だったが、目を離した隙に江澄が姿を消してしまう。
江澄を連れ 抱山散人が住んでいるという夷陵の山へ送り出した魏無羨。だが魏無羨は温晁に捕まり、乱葬崗へと捨てられてしまう。その後、温氏は各地で殺りくを重ね、魔の手は蘭陵金氏の金麟台にも及んでいた。
四大世家は温氏を討伐するべく射日の戦いを繰り広げ、徐々に温家を追い詰めていった。一方その頃、温氏の監察寮では、温氏の門弟が次々と怪死する事件が発生し、死者の祟りだと恐れられていた。
闇に響く笛の音に操られた屍が温氏の仙師たちを襲う。そこへ黒い怨霊に包まれた謎の人物が現れる。すさまじい力で温逐流の金丹を破壊した謎の人物は魏無羨だった。藍忘機は変わり果てた魏無羨の姿を見て...。
岐山温氏が滅びて十数年後、温若寒を殺した蘭陵金氏の金光瑶が仙督の位に就いていた。莫玄羽により献舎の術で蘇った魏無羨は隙を見て雲深不知処から逃げだそうとするが、鬼腕が暴れだしたと聞き冥室へ向かい...。
鬼腕の導きで懐蒼山にやってきた魏無羨と藍忘機。幻覚に惑わされた仙師に襲われそうになった金凌を救いだすと、彼らの前に困屍陣で封じられていた骸が現れる。それは11年前に失踪した村人たちと、何者かの首だった。
懐蒼山で奇怪な現象を調べる藍忘機と魏無羨の前に再び現れた江澄。彼らの動きを遠くから監視する黒衣の男の姿が。一方、雲深不知処から鬼腕が逃げ出したとの一報を受けた藍忘機たちは清河の領域へと向かう。
行路嶺にある人食い石堂にやってきた魏無羨と藍忘機。そこでは金凌の飼っている霊犬・仙子が激しく吠えていた。金凌の身に何か起きたと案じた2人が石堂へ足を踏み入れると、そこには刀の入った棺があり...。
魏無羨は江澄に正体を見抜かれるが、そこへ現れたのは鬼将軍の温寧だった。江澄と温寧が戦う隙に魏無羨は逃げだす。仙子に追いかけられてしまった魏無羨だが、金凌は助けられたお礼だと仙子を連れて去っていく。
シリーズ
原作・関連ブック