観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

男も惚れる男、ロック様!

15件

今やアクション映画に欠かすことのできないロック様こと、ドウェイン・ジョンソンにフォーカス!

優雅な一族
善人では生き残れない財閥の世界を舞台に繰り広げられるミステリーラブロマンス
|2020年|韓国
220円ポイント1話無料
第1話を再生(77分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
7年ぶりの共演となったイム・スヒャンとイ・ジャンウの息の合った演技が、作品の魅力をより際立たせている。世間離れした優雅過ぎる財閥の日常に好奇心がかき立てられる。
ストーリー
韓国有数の財閥・MCグループを経営するモ家は、不正を揉み消し、利益を脅かす者を排除する危機管理チーム“TOP”によって、その体裁を保っていた。ある日、名誉会長のモ・ワンピョが危篤状態に陥り、孫娘であるモ・ソッキが15年ぶりに韓国に帰国するが…。
ここがポイント!
共演はペ・ジョンオク、イ・ギュハン、キム・ジヌほか。
エピソード
全16話
無料
韓国有数の財閥・MCグループ会長の一人娘・ソッキ。彼女は、名誉会長である祖父・ソッキが危篤だと知り、15年ぶりに帰国する。危機管理チーム・TOPは、ソッキに韓国の土を踏ませまいと空港で待ち伏せするが...。
MCグループに抗議していた男性がバンに乗せられようとしていた時、ソッキは社用車に乗り込みバンに追突する。彼女は「飲酒運転をした上、逃亡しようとした」と主張し、賠償金10億ウォンを請求するよう男性に話す。
大麻所持の容疑で検察に連行されるソッキ。だが、これはソッキが見合いの席で特捜部検事・テヒョンを小ばかにしたことから仕組まれた事件だった。TOPは、1度はソッキを釈放させるようテヒョンに働きかけるが...。
ユンドのおかげで釈放されたソッキは、ワンピョが入院中の病院でユン弁護士と話しあう。ソッキが筆頭株主になるためには多額の現金が必要で、“ミルク魔女”と呼ばれる伝説の資本家を説得する必要があるという。
名誉会長夫人の30周忌に、突如車椅子で現れたワンピョ。ワンピョはモ一族のみならず、会社の首脳陣やTOPのメンバーが一堂に会した席で、ソッキをMC流通の代表理事に就任させ、株式を譲渡することを宣言する。
株主総会当日、ソッキは検問所でアルコールが検知され、飲酒運転で連行される。署に駆けつけたユンドに、ソッキは腸内でアルコールを生成してしまう珍しい病気を患っており、米国で治療を受けていたと打ち明ける。
ワンピョが亡くなり、ソッキは相続した財産も経営権も奪われてしまう。一方、ユンドもソッキの専属から外され、正式にTOPの一員になる。意気消沈するソッキに、ユンドは15年前の殺人事件の真相を解明しようと誘う。
ユンドの身辺調査をしたジェグクに何者なのか問い詰められたユンドは、養子になる以前の記憶がないと話し、何とかその場を切り抜ける。同じ頃、ニュースパッチの記者・ブギは、ソッキとユンドの行動を探っていた。
ナリがモ家に現れる。女優として全てを奪われたナリを、近くに置いて管理しておいた方がいいとジェグクに言われ、チョリもひとまず住まわせることに。実は、ブギを巻き込み、ジェグクを刺激したのはソッキだった。
ナリの過去の生活をユンドが暴いたと思ったソッキ。それをきっかけに、母親を救いたいユンドと真犯人を捕まえたいソッキは口論になる。その後、ユンドの真意を知ったソッキは、和解しようと彼にさまざまな品を送る。
ジェグクは、ワンジュンのある重大な秘密を握るが、変わらず彼を後継者として推していく構えを見せる。一方、ブギは15年間大事に保管していた、アン・ジェリム殺人事件の重要な証拠をユンドらに提供する。
ワンピョの側近でソッキの味方だったチョン執事が、ユンドの家を訪れる。ジェグクにモ家を追われ、行動を監視されているチョン執事だったが、ソッキのためにアン・ジェリム殺人事件の捜査記録を持ってきたのだった。
ジェグクの差し金により、ユンドは横領の罪で逮捕される。そしてジェグクはソッキに、事件の再審請求をやめるよう警告する。さらにユンドの父親を訪ねたジェグクは、ユンドを説得して再審を諦めさせろと脅迫する。
ジェグクが逮捕され、彼女はチュ検事正の仕業だと見抜く。モ会長はユンチーム長に、15年前の事件を葬るためにもジェグクの逮捕は好機だと、TOPの刷新を告げる。だが、ユンチーム長はジェグク釈放に向けて動きだす。
モ会長が急性脳出血で倒れ、意識不明に。そんななか、ジェグクはワンジュンの会長就任を早めようとする。彼への承継に反対していた父が突然倒れたことを不審がるソッキ。その頃、ユンドにチュ検事が接触し...。
ジェグクたちはワンジュンの会長就任に向けて、モ会長の株の譲渡を進めていた。一方、ソッキ、ユンド、ブギらは殺人事件の真犯人を特定しようと、疑わしい3人に事件当日の話を聞き、探りを入れることに。