観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

19件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

16件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

15件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

【日々更新】見放題で楽しめる厳選良作 洋画編

15件

U-NEXTスタッフによる厳選の見放題作品を紹介。

鬼谷子(きこくし) -聖なる謀(はかりごと)-
「古の真仙」と称される伝説の人物の生きざまと、乱世の光と闇を描く歴史ドラマ
|2016年|中国
220円ポイント
第1話を再生(44分)
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
見どころ
弁舌で人を懐柔する「策謀」の技術で時勢を動かそうとした「鬼谷先生」こと王禅の波乱万丈の業績をスリリングに描く。主演は『迫り来る嵐』のドアン・イーホン。
ストーリー
中国戦国時代。魏国の宰相・王錯と一族が暗殺され、赤子と侍女だけが脱出する。10年後、王錯を暗殺した刈首営の手は王錯の息子・王禅にも迫っていた。父の友人・史太皓の案内で故郷に移り住んだ王禅は、父に託された孫子兵法の研究を深めながら成長していく。
エピソード
全52話
中国・戦国時代。魏国宰相・王錯は、奴隷解放の変法を推し進め、民に慕われた偉才だった。変法を憎む王侯貴族らに殺され、一族も虐殺されたが、赤子だった遺児・王禅だけが侍女・鍾萍に救われ生き延びた。
亡き父の友・史太皓とその仲間に救われた王禅は、鍾萍を失い、魏の都で史を父として成長する。10数年がたった頃、兄として、史の娘・コウ娥の見合い相手を探すことになった王禅は、コウ娥のある頼みを受け入れる。
天下の覇を狙う楚王は、魏が絹工芸を国策産業に据えたと知り、生糸の品薄を装って魏を窮地に陥れる。王禅は、魏の重臣・嘯公の裏切りを知り、証拠を盾に嘯公を屈服させ、生糸の値決め権を鮮やかに奪還した。
王禅とコウ娥は目隠し弓で見事勝利し、奴隷たちの命と魏の面目を守った。その功により王禅は魏王に随行し、周の天子の狩りに参加。ところが、狩場に放たれた獲物は救われた奴隷たちだった。王禅が策を練り...。
魏王は周の天子の命令に従い、国外不出の絹の精錬法を六国の諸侯に伝授した。だが楚王は約束を覆し、魏の絹製品の価格を引き下げさせる一方で、楚の生糸価格を数倍に引き上げる。王禅は楚の生糸馬車を襲撃し...。
「誹謗の木」に魏王批判を書いた王禅は、刈首営の刺客に襲われる。逃げる王禅を助けたのは史太皓で、そのまま王禅を小さな建物に連れていく。そこに魏王が現れ、かつて王錯に受けた恩や胸に抱く壮大な計画を語る。
刈首営の首領・姫元伯の正体は、王禅の学友・建于だった。一方、今淑公主との賭けに負け、大量の酒を飲まされた王禅は、翌日、再び公主のもとを訪れる。横取りされた生糸を取り返すため、格闘技での再戦を挑む。
周の天子が諸侯を連れて狩りに出かけると、周の王鼎が雷に打たれて引き裂かれる。卜占では周の崩壊を暗示する凶兆と出て周は不安に包まれる。そんななか、狩場では楚王らが天子の毒殺を図るが、失敗に終わった。
楚王の主催による会盟が数日後に迫っていた。覇権を握ろうとする楚王の思惑を知る各国の諸侯たちは、腹の探りあいが始まる。予め兵を配備して戦に備えようと考えた魏王だが、会盟の開催地がわからず...。
ついに始まった葵丘の会盟。趙王は突然の知らせに顔を真っ青にする。それは趙の都が魏軍に包囲されたのだ。この策略の背後には、魏王を知恵で助ける王禅の姿があった。そして、各国の存亡を賭けた駆け引きが始まる。
葵丘の会盟で見事に勝利を収めた魏王であったが、得体の知れない敵が近くに潜んでおり、自分たちの行動は全て見透かされているのではないかと疑い始める。一方、史太皓は王禅に、コウ娥と別れるよう命じた。
刈首営に捕らわれていた子布は拷問に耐えかね、兵法書が沼沚の地に隠されていることを白状してしまう。しかし、これは史太皓による計画の一環だった。史太皓の屋敷に刈首営が襲撃するも、返り討ちに遭うのだった。
決起の時を待っていた義士たちが、姫呈を討つために沼沚へ向かう。しかし、姫呈が子布を連れて塩城に向かったとの知らせが入り、急遽計画を変更して王禅たちも塩城へ急ぐ。楽楓は、兵法書を守るために沼沚へ向かう。
史太皓の裏切りにより、王禅は仲間もろとも姫呈に捕らわれてしまう。王禅は、これは姫元伯に迫るための策だと考える。一方、史太皓は刈首営の結束にくさびを打ち込むべく、姫呈を相手に天子の座を暗示するのだった。
史太皓の裏切りで、義士たちは次々と命を落としていった。信じ続けていた王禅は絶望して命を絶とうとするが、建于がそれを必死に阻止。娘をも偽りながら?宮の司史の職に就いた史太皓は、兵法書を探し始める。
姫呈の配下から王禅が自分を呼んでいると聞き、周にやってきた今淑公主。王禅に求められるまま体を許す。ひとつ目の希望を叶えた王禅が、兵法書を求める姫呈に出した新たな引き換え条件は、史太皓との決闘だった。
王禅は、史太皓と決着をつけられずに絶望する。そんな彼をいたわるふりをして建于が尋ねたのは虹羽のことだった。王禅は一瞬にして建于が姫元伯であることを見抜く。王禅は建于を追い詰めるために...。
捕らえた建于と共に姿を現した王禅から真実を聞いた史太皓は、姫元伯の正体を暴いた王禅を賞賛。そして、完全に揃った兵法書を王禅に渡す。その不意を突いた建于の攻撃により史太皓は深手を負ってしまう。
王禅が敵討ちの場に選んだのは、幼い頃に母を失った因縁の牢獄だった。姫呈との決闘を制して牢獄に火矢を放ち、兵法書も姫呈も炎に包む。一方、周の朝廷では守旧派貴族たちが、姫呈の葬儀について天子に訴えた。
周都では姫呈亡き後、天子の身辺守護をする新しい虎賁将軍を決めるべきだとの声が高まっていた。卜占が行われた結果、姫元伯が指名される。天子は、無名の若者の就任に反発する大臣らを納得させるため...。