S・A~スペシャル・エー~

第13話 魔法・友達

24分
普通の学校で新たな刺激を受けてほしいという理事長の意向により、3日間ほかの私立高校に通うことになったSAメンバーたち。そこで明は幼いころの親友だった小夜に似ている少女・唯と出会う。
エピソード
“私立白選館学園高校”には、学年の中でもっとも優秀な7名の生徒だけが集まる「SA」クラスがある。SAの1人・華園光は6歳の時にプロレス勝負で敗れた屈辱をはらすべく、滝島彗に何度も勝負を挑むのだが…。
白選館学園高校の生徒会長である筧肇が、SAに挑戦状を持って現れる。筧の所属するAクラスはSAに挑戦して、勝てばSAになるという特権があった。筧の用意した対戦方法は“プロレス対決”なのだが…。
筧との“プロレス対決”で勝利した光と彗。しかし、試合中に技を多く出した方が勝ちという彗との勝負に負けた光は、彗のお弁当を作ることに。そして、ついに完成したお弁当を彗に差し出すのだが…。
彗の誘いで大のプロレスファンである彼の父の話し相手をするため、滝島邸へやって来た光。しかし、着いた早々、彗の弟・翠が家庭教師に暴言を吐いていた光景を見た光は、思わず翠の部屋の扉を蹴り壊してしまい…。
SA&生徒会主宰学園創立記念レセプション・パーティーの打合せのため、光と彗が生徒会のメンバーと打合せをすることに。綿アメパーティーに意気投合する光と筧に反し、終始不機嫌な彗は反対に回ってしまい…。
翠から、雑賀八尋という男の誕生パーティーに彗のパートナーとして出席してほしいとアルバイトを頼まれた光。なぜか不機嫌な彗は断るよう説得するが、意地になった光は「出席する」と言い張り…。
八尋の誕生日パーティーで八尋からあることを聞かされた光は、学校で彗を前にすると動揺してしまう。そんな光の様子を見た明は、気分転換にみんなで旅行に行こうと提案するが、意見がまとまらず…。
ハワイにやって来た光たち。初日を終えた一行は、翌日から竜の別荘へ移動し海を満喫することになっていた。ところが、別荘で待ち構えていた得意先の息子・千歳が、光たちに2日間自分の家族になってくれと頼み…。
竜の別荘に光の姿が見当たらず心配していた彗たちに、八尋から電話が掛かってくる。彼と一緒にいる光を救出するため、静かに怒りを燃え上がらせながら彗は宙と一緒に八尋の別荘に急いで向かうが…。
無事旅行から帰ってきたSAのメンバー。ところが、いつも憩いの場として利用している学校の温室が何者かによって荒らされていた。片付けをすべく倉庫に掃除道具を取りに行った光は、停学明けの生徒・中村と出会う。
突然、SAの狩野宙から彼女になってほしいと告白された光。彼は学園の理事長である母・菫が勝手に用意したお見合いを断るため、既に彼女がいると言ってしまったという。光は懇願する宙の頼みを引き受けることに。
父・暁が経営する滝島グループの仕事を大量に押し付けられ、強引に上海支社に連れて来られた彗。あまりの多忙さにうんざりしていた矢先、八尋から連絡が入り、光が宙とデートをしていることを知らされる。
普通の学校で新たな刺激を受けてほしいという理事長の意向により、3日間ほかの私立高校に通うことになったSAメンバーたち。そこで明は幼いころの親友だった小夜に似ている少女・唯と出会う。
明には、ある事情から小夜に嫌われてしまった過去があった。辛い事実を清算するため、今度は唯と無事に仲良くなりたいと願う彼女だったが、その思いが仇となり、唯に過剰な世話を焼いてしまう…。
過労で倒れた彗を元気付けようと、光は日曜日に遊ぶ約束をする。当日、懸命に彗をリードしようとして空回りする光と、それをうれしく思いつつもからかう彗の前に、彗とお見合いをする予定だった牛窪桜が現れる!
学園を訪れた桜はSAの山本純に一目ぼれしてしまう。何とか純と仲良くなりたい桜は、SAとの親睦を深めるという名目で暁にSAメンバーを無人島に招待させる。強引にアタックする桜を純は必死に避けようとし…。
八尋や桜が通う黒泉学園は、文化祭を間近に控えていた。そんな中、桜からイベントを盛り上げるために協力してほしいと頼まれたSAメンバーは、会場の下見に出向く。そこで待っていたものとは…。
八尋や桜が通う黒泉学園の文化祭当日。SAメンバーがもてなすサロンは大勢の生徒たちで賑わっていた。そんな中、あることで意気投合した明と桜が突如、合コンパーティを開催することになり…。
ある日突然、家にやって来たSAの山本芽から告白を受けた八尋。しかし、かなり焦っている彼女の表情から、この告白に何か裏があると思った八尋は、芽と付き合う条件として、あるゲームの提案をするが…。
無人島での一件で純のコンプレックスを知った桜は、それでも怯むことなく純にアプローチをし続けるが、結局避けられてばかり。せめて、純が自分を好きかどうかを聞かせてほしいと訴える桜だったが…。
©2008 南マキ・白泉社/白選館学園高校理事会
原作・関連ブック