ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

第19話 死神13(デスサーティーン) その1

24分
花京院典明は夢を見ていた。赤ん坊の泣き声が響く奇妙な遊園地で「死神」のタロットを見つけた花京院は、カードの中から飛び出した死神の大鎌をとっさにかわすと、鎌は傍らにいた犬を切り裂いた。
エピソード
1987年の日本。ジョースター家の血を引く青年・空条承太郎は留置場にいた。承太郎の母・ホリィは「自分には悪霊がついている」と釈放を拒む承太郎を案じ、アメリカにいる承太郎の祖父・ジョセフに助けを求めた。
幽波紋・スタンドの力を隠しながら日常生活に戻る承太郎。そんなある日、登校中に不自然な現象で軽傷を負ったことがきっかけで、花京院典明と名乗る転校生と知り合い、やがて彼からのメッセージに気づく。
覚醒したスタンド能力で、DIOの刺客・花京院を打ち破った承太郎。倒れた花京院の身柄を確保してDIOの情報を得ようとするが、花京院の脳には「肉の芽」という、摘出不可能なDIOの細胞が植え付けられていた。
50日以内にDIOを倒さなければホリィの命が危ない。DIOを打倒に向け、承太郎たちは彼が潜んでいると思われるエジプトへの旅を開始。道中の飛行機の中で、承太郎たちは再びDIOの放った刺客と遭遇する。
承太郎たちは新たなる刺客・ポルナレフのスタンド「銀の戦車=シルバーチャリオッツ」の剣さばきに圧倒されるが、ポルナレフの挑発に応じたアヴドゥルが「魔術師の赤・マジシャンズレッド」で立ち向かう。
新たな同行者を加えた承太郎たちはスピードワゴン財団の協力を受け、海路で次の目的地・シンガポールに向かう。その道中、船内で密航者が見つかり騒動となるなか、承太郎が海中からの敵スタンドに襲われてしまう。
承太郎たちは偽の船長の仕掛けで爆破された船から脱出し、救命ボートで広大な海を彷徨う。そこに、巨大な貨物船が姿を現した。一行は疑心暗鬼になりながらも助けを求め、貨物船に乗り移るが…。
シンガポールに到着した承太郎たちは宿泊先のホテルで別行動を取る。ホテルの部屋で1人になったポルナレフは待ち構えていた「呪いのデーボ」として怖れられる新手のスタンド使いに遭遇し、絶体絶命の危機に陥る。
「我々の中に裏切り者がいる、花京院に気をつけろ、DIOの手下だ」とハーミットパープルで念写されたメッセージを前に戸惑うジョセフたち。それを知らない承太郎は、花京院やアンとシンガポールを散策していた。
無事インドに入国した承太郎たちは、文化の違いに驚きつつもレストランで小休止を取る。そこでポルナレフは鏡の中だけに見える謎のスタンドに襲われ、相手は妹の敵である「両腕が右手の男」である可能性が高かった。
ポルナレフをかばい、敵スタンドの前に倒れたアヴドゥル。それを目の当たりにしたポルナレフはショックで冷静さを失っていた。そこにJ・ガイルがつけ込み、スタンド「吊られた男・ハングドマン」で猛攻撃を始める。
承太郎一行はガンジス川のほとり、聖地・ベナレスを目指す。道中、ジョセフは自分の腕に奇妙な腫れ物があることに気づく。最初は気に留めていなかったが徐々に大きくなってきたため、医者に診てもらうことにした。
インドからパキスタンへの道のりを四駆車で飛ばす承太郎たち。運転手のポルナレフは前を走るボロ車を強引に抜き去る。しばらく快調に車を走らせる一行だったが、先ほど抜いたボロ車が後方からあおってきた。
承太郎一行は敵スタンド使いの妨害を乗り越えてパキスタンに入国を果たした。周囲が濃霧に包まれてきたため近くの町で宿を探し始める。その時、承太郎たちは道端で恐怖に顔を歪めた変死体を発見した。
エンヤ婆がDIOの新たな刺客であることに気づいたポルナレフは、エンヤ婆のスタンド「正義・ジャスティス」に操られた多数の死体に襲われる。この町全体が、すでにエンヤ婆の支配下に置かれていたのだった。
エンヤ婆を生け捕りにした承太郎たちはパキスタンの首都・カラチに入る。そこで待ち構えていたのはDIOからの新たな刺客・鋼入りのダンと名乗る男で、彼は仲間であるはずのエンヤ婆をためらうことなく殺してしまう。
ジョセフの脳内に入り込んだダンのスタンド「恋人・ラバーズ」。ダンはジョセフの命を握ったことで圧倒的優位に立ち、承太郎に対して卑劣な行為を繰り返すが、逆らえない承太郎は怒りを抑えつつ命令に従う。
アラブ首長国連邦に到着した承太郎たちは、砂漠をラクダで移動し始める。そして仲間以外は誰もいないはずの砂漠で何者かの気配を感じた。承太郎がスタープラチナで確認しても、不審なものは見当たらないが…。
花京院典明は夢を見ていた。赤ん坊の泣き声が響く奇妙な遊園地で「死神」のタロットを見つけた花京院は、カードの中から飛び出した死神の大鎌をとっさにかわすと、鎌は傍らにいた犬を切り裂いた。
花京院の赤ん坊が怪しいという訴えを誰も信じようとはせず、仲間たちは逆に花京院の異常を疑う。何とか誤解を解こうと、花京院が夢の中で自ら傷つけた腕の傷「BABY STAND」を見せても、ますます誤解は深くなる。
©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
シリーズ
原作・関連ブック