この中に1人、妹がいる!

第3話 妹たちの誘惑

24分
ある日の朝、将悟は裸の衣楠に押し倒されているところを、あろうことか迎えにきた心乃枝と雅に目撃されてしまう。しかも、2人が衣楠の正体を知らないため、将悟には特殊な性癖があると勘違いされてしまう。
エピソード
世界的な大企業・帝野グループの社長のひとり息子・帝野将悟は、急逝した父の後を継いでグループの社長になることを決意。しかし、それには条件があり、ひとつが在学中に生涯の伴侶となる女性を見つけることだった。
将悟は徐々に学園生活にも慣れてきたが、突然かかってきた、いるはずのない実の妹からの電話が気になって仕方がない。将悟はまず戸籍を調べてみることにするが、たいした情報は得られなかった。
ある日の朝、将悟は裸の衣楠に押し倒されているところを、あろうことか迎えにきた心乃枝と雅に目撃されてしまう。しかも、2人が衣楠の正体を知らないため、将悟には特殊な性癖があると勘違いされてしまう。
将悟が登校すると、雅の様子がおかしかった。心乃枝は、将悟が転校してくる前に戻ったみたいだという。普段いがみあっていても、雅が急に変わってしまったことが、心乃枝は心配であり、寂しくもあった。
この日の朝も将悟のところに、妹から電話がかかってきた。その電話に今までにない違和感を覚えた将悟は、妹の正体を突き止めようと、衣楠に相談。屋上で衣楠と将悟が話していると、そこに新聞部のユウが現れる。
将悟はあることが原因で「りりかる☆しすたぁず」の手伝いをすることになる。心乃枝や雅にもネコミミしっぽ付きのメイドになってもらったり、漫研や新聞部に協力してもらったりと、店を盛り上げようと必死になる。
授業中、下校時と、所かまわず心乃枝と雅に迫られる毎日を送っていた将悟。まんざらではないのだが、2人のどちらかが本当の妹かもしれないと思うと、それ以上関係を進めることにためらいもあった。
将悟は風紀委員になった。すると、早速早朝から、風紀の取り締まりとして、校門で服装検査をする。ところが、将悟が風紀委員になったことを心良く思わない雅と心乃枝に邪魔をされてしまうのだった。
将悟のアパートの隣に、宝生柚璃奈と名乗る少女が引っ越してきた。彼女は、将悟の妹とのことだった。信じられない将悟だったが、兄としての将悟を心配する彼女の姿勢から、妹として信用し始めるが…。
帝野家主催のパーティが行われる日、将悟は心乃枝たちと会場のホテルにいた。柚璃奈の取り計らいで、心乃枝たち全員がパーティに参加可能となった。そんななか、将悟は雅がいなくなっていることに気づく。
パーティから一夜明けた翌日、将悟は、パーティでの出来事が気になっていた。それは雅のこと、柚璃奈のこと、そして瀬利のことだ。一方、雅もパーティの翌日、風邪をひいたとのことで、学校には来なかった。
将悟は自分の心に整理をつけ、重大な決意を胸に柚璃奈と向かいあう。最初は、いつもと変わらぬ柚璃奈だったが、将悟に疑われていることを知ると、なぜ信用してくれないのかと、将悟を責めるが…。
©田口一・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/委員会の中に1人、妹がいる!
原作・関連ブック