デュラララ!!×2 転

第22話 愚か者に福あり

24分
“ダラーズ”をめぐってさまざまな人物が動き出す。帝人の現状を知った正臣は「黄巾賊」を復活させ「ダラーズ」を潰す決意を固めると、門田たちに協力を願い出る。帝人と行動を共にする青葉の下には兄が姿を現し…。
エピソード
情報屋が不在の街で、池袋の住人たちはそれぞれの休日を過ごしていた。家族と買い物に出かける者、恋人や仲間と過ごす者、新たな決意を胸に秘める者。一見穏やか映る日常だが、そこに騒動の気配が潜んでいた。
臨也の負傷により不意に訪れた休日だが、矢霧波江は愛する弟・誠二に関する情報収集にいそしむ。労力も財力も惜しまず、得る情報から誠二の日常を垣間見て喜びを抱く一方で、心は憎しみに支配されていく。
「粟楠会の赤鬼」と呼ばれる幹部の赤林海月。薬物を嫌い、池袋の街の動向に昼夜目を光らせる彼は、かつて所属していた組織の組長を殺害した疑いをかけられていた。赤林がこうなった全ての発端は6年前にあった。
“池袋最凶”にまつわる噂話が街を駆け抜ける。ヴァローナもまた、真偽入り混じる噂の中のひとつであった。静雄に敗北した後、目的を失っていた彼女は、デニスの提案で取り立て屋の仕事を手伝うことになるが…。
夏を迎え、着々と進む“ダラーズ”内での粛清。杏里は帝人の様子に違和感を抱き、正臣は離れた地で帝人を心配し、人気アイドルのルリは悪質なストーカーに悩まされていた。それぞれの悩みを抱え、街は蠢き出す。
彼がストーカーと化し、ルリの心を破壊したいと願うほど強く愛したきっかけ、ルリが独り抱き続けた苦悩、そして殺人鬼“ハリウッド”が誕生した理由が明かされる。それは、あまりにも忌まわしい過去の記憶だった。
ルリに関わるすべての人間がストーカーの標的にされ、静雄と正臣も“ブルースクウェア”のメンバーに遭遇する。杏里の身に危険が迫っていること、この騒動に帝人が関わっていることを知った正臣は駆け出すが…。
闇カジノを仕切る「アンフィスバエナ」と、薬の売人グループ「ヘヴンスレイブ」。正体の掴めない2つのグループを探ろうと粟楠会は臨也に仕事を依頼するが、臨也は「アンフィスバエナ」に拘束されてしまう。
数々の偽名を用いて暗躍を続ける臨也。臨也が偽名の1つである「奈倉」を手にしたのは12年前。中学生の頃だった。新羅の口から語られる臨也と新羅の出会い、そして現在に続く「奈倉」にまつわる因縁とは…。
“ダラーズ”をめぐってさまざまな人物が動き出す。帝人の現状を知った正臣は「黄巾賊」を復活させ「ダラーズ」を潰す決意を固めると、門田たちに協力を願い出る。帝人と行動を共にする青葉の下には兄が姿を現し…。
門田が轢き逃げにあったという噂が池袋中を駆け巡り、渡草と遊馬崎は犯人を見つけるべく行動を起こす。一方、“ダラーズ”について探る贄川周二は四木に接触、帝人の調査を進める赤林も次の一手に出ようとしていた。
「ダラーズ」の内部粛清を進め、理想を実現しようとする帝人。その行動はエスカレートし「黄巾賊」との衝突に発展していく。臨也は自分を刺した男・澱切を追い詰めるが、そこには予想外の事実が潜んでいた。
©2014 成田良悟/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/池袋ダラーズ
シリーズ
原作・関連ブック