アウトランダー シーズン1

第9話 報い

60分
クレアを助けるため、イングランド軍の駐屯地へ向かったジェイミーは、ランダル大尉を気絶させる。仲間の援護もあり、クレアを救出したジェイミーだったが、謝罪を求めるジェイミーとクレアは激しい口論となり…。
エピソード
第2次大戦終結から半年。従軍看護師だったクレアは、夫・フランクと2度目のハネムーンを過ごすためスコットランドへ。そこでストーンサークルを訪れると、彼女は1人だけ200年前にタイムスリップしてしまう。
スコットランド戦士・ジェイミーと出会い、彼の仲間と共にリアフ城へたどり着くクレア。そこでジェイミーの怪我の手当てをしていたクレアは、夫・フランクに瓜二つのイングランド軍将校・ランダルについて知り…。
イングランドの密偵と疑われるクレアは、治療師として城にとどまるよう強いられる。意を決したクレアは仕事に奮闘。すると、次第に彼女への見張りの目も緩まっていく。そんな中、領主・コラムから呼び出され…。
一族の者が領主・コラムに忠誠の誓いを立てに集まる“ギャザリング”。リアフ城が慌ただしくなる中、クレアはこの地を抜け出す準備を進める。しかし、クレアの部屋を訪れた友人・ゲイリスはその異変に気付き…。
ドゥーガルに同行し、領地中を旅することにしたクレア。そこでネッドという帳簿係と出会ったクレアは、学識の高い彼との会話に道中の楽しみを見出す。しかし、農村では困窮する人々の姿を目の当たりにして…。
フォスター中尉たちに囲まれたクレアとドゥーガルは、イングランド軍が駐留するブロックトンへ連行される。イギリス人として丁重に迎えられるクレア。しかし、彼女はそこで夫と瓜二つの男・ランダル大尉と再会する。
ランダル大尉から、明日尋問へ出向くよう告げられたクレア。このまま逃げるか、法の抜け道である“スコットランド人”となるため結婚するか…。クレアは意を決し、ジェイミーと夫婦になることを選択する。
ジェイミーと結婚し、落ち着いた日々を過ごすクレア。一方1945年を生きる夫・フランクは、クレアの行方を必死に捜し続けていた。手掛かりが見当たらず途方に暮れていると、ある女性が情報をにおわせ接近する。
クレアを助けるため、イングランド軍の駐屯地へ向かったジェイミーは、ランダル大尉を気絶させる。仲間の援護もあり、クレアを救出したジェイミーだったが、謝罪を求めるジェイミーとクレアは激しい口論となり…。
宴のためにサンドリンガム公爵が到着。ジェイミーは公爵に自分の無実を訴えるため、ネッドたちと策を練る。一方クレアは、不思議な儀式をしているゲイリスを目撃した直後、彼女の口から驚くべき事実を聞かされる。
魔女として捕らえられたクレアとゲイリスは裁判に掛けられ、出廷した2人を怒った民衆が取り囲む。領主・コラムの差し金か、顔見知りは誰ひとり来ていなかった。そんな中、ネッドがクレアたちの弁護に現れ…。
ジェイミーに全てを打ち明けたクレアは、彼と共にこの時代で生きていく決心をする。そして2人は、ジェイミーが鞭打ちに処せられて以来初めて、彼が父親から受け継いだ領地・ラリーブロッホへ向かう。
フレイザー家の館に非正規軍が現れる。彼らは数日間滞在し、もてなしを受けていくという。家族の安全のため、横柄な彼らに耐えるジェイミー。だが翌日、彼の素性を知るホロックスが追加の非正規軍と共に館を訪れ…。
イングランド軍に捕らえられたジェイミーを追って、クレアとジェニーは馬を飛ばす。ようやく隊へ追い付くも、ジェイミーはすでに逃走していた。そんな中、ジェイミーの親類・マータフがクレアたちを助けに来て…。
刑務所にとらわれたジェイミーに絞首刑の執行が迫る中、ランダル大尉が現れ、処刑を中止するよう命じる。その頃クレアは、身分を隠し刑務所長と面会。ジェイミーの生存を知ると、彼を救出する作戦を練るが…。
騒ぎを起こした隙に、仲間たちはジェイミーを救出し、クレアの元へ連れ帰って来る。しかしジェイミーは満身創痍となっており、その上ランダルのひどい仕打ちによって彼の心は完全にむしばまれていた。
©2014 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
シリーズ
原作・関連ブック