宇宙パトロールルル子

第5話 どうしたらいいの

8分
巨大隕石の衝突はまぬがれたが、今度は宇宙海賊となったルル子のお母さんが地球に現れた。何とお母さんは部下を引き連れてルル子のお父さんを「回収」しにきたのだ。宇宙パトロールたちが応戦するのだが…。
エピソード
地球人と宇宙人が暮らす銀河指定宇宙移民特区OGIKUBO。ルル子は、この変な街に産まれ育った現役女子中学生だ。ある朝、宇宙パトロールOGIKUBO支部に勤務するルル子の父がとんでもないものを口にする。
ルル子のクラスにAΩ・ノヴァが転校してきた。彼も宇宙パトロールで、OGIKUBOに転属してきたのだ。本部長から、今後はルル子とノヴァで中学校の犯罪を取り締まるように指示されるのだが…。
中学校内で脱法ブラックホールアプリをさばいている違法者の摘発に挑むルル子とノヴァ。通り掛かったミドリにアプリについて尋ねると、それは彼氏でも何でも手に入ると言われ、ルル子はドギマギしてしまう。
ノヴァと夜空を眺めながら胸を躍らせるルル子。そんな良いムードも束の間、何とOGIKUBOに巨大隕石が落下していることが分かった。早速、ルル子、ノヴァ、ミドリが出動することになったのだが…。
巨大隕石の衝突はまぬがれたが、今度は宇宙海賊となったルル子のお母さんが地球に現れた。何とお母さんは部下を引き連れてルル子のお父さんを「回収」しにきたのだ。宇宙パトロールたちが応戦するのだが…。
宇宙海賊となったルル子のお母さんがOGIKUBOエリアを「万引き」し、オークションに懸けてしまった。そこで、唯一ルル子の手元に残っているお父さんの脳にオーバージャスティスがわずかな望みをかけることに。
ワープのねじれでモモ子たちは彼方の宇宙空間に飛ばされてしまった。しかし、近くに見える糸巻惑星にOGIKUBOがあることが分かり、早速訪ねてみる。ルル子が慣れ親しんだ街並みのようではあるが…。
OGIKUBOを捜して宇宙をさまようルル子たち。近づいた惑星にOGIKUBOの反応が出たのでルル子とノヴァが探索に訪れる。ヨーロッパ調の街並みにたたずむ塔の上からOGIKUBOの反応が出ていて…。
美人惑星に降り立ったルル子は、探偵事務所でOGIKUBOに関して尋ねると同時に恋愛相談も持ち掛ける。そんな時、組織の親分が言い掛かりを付けて事務所に乗り込んできた。ルル子も事務所の面々と逃げだし…。
OGIKUBOも初恋も手に入れて幸せいっぱいのルル子。しかし、そこに現れた宇宙パトロール銀河総司令が本当の正体を現す。何とノヴァまでが、その輩とグルだった。OGIKUBO支部の面々はどよめくばかりだ。
ルル子の脳裏には遠い過去が走馬灯のように蘇っていた。そこへなぜかインフェルノコップが現れ、ルル子は彼にノヴァに裏切られたことなどを切々と訴える。そんな中、ルル子がノヴァの言葉を改めて思い起こすと…。
命絶えたと思いきや、ノヴァを忘れられないルル子はまた歩きだす。しかし、謎の敵集団に襲われピンチに。その時、宇宙海賊になったルル子のお母さんが現れ、敵を一掃。ルル子はお母さんに思いの丈をぶつけ…。
ブラックホール星人の前で、ルル子とノヴァのハートが合体してラブラブダイヤモンドが生まれた。2人はこれこそが最強だと宣言するのだが、その時、ノヴァの体内に仕込まれていた恐るべき仕掛けが発動し…。
©TRIGGER・今石洋之/宇宙パトロールルル子製作委員会☆彡