棺姫のチャイカ

第1話 棺かつぐ少女

24分
大戦が終結し、平和を取り戻しつつあるフェルビスト大陸。自堕落な日々を送っている元乱破師のトールは、妹・アカリと放浪をしていた。そんな兄妹の前に棺を背負った魔法師の少女・チャイカが現れる。
エピソード
大戦が終結し、平和を取り戻しつつあるフェルビスト大陸。自堕落な日々を送っている元乱破師のトールは、妹・アカリと放浪をしていた。そんな兄妹の前に棺を背負った魔法師の少女・チャイカが現れる。
アバルト伯爵の魔の手を切り抜け、あるものを持ち出した一行。だが、3人の前に戦後復興推進機関に所属するヴィーマック王国の騎士にして、アルベリック・ジレット率いるジレット隊が立ちはだかった。
チャイカたちの前に現れたのは、チャイカの協力者を名乗る少年だった。その気配と、不穏な笑顔に身構えるトールを前に、ギイと名乗るその少年は、移動用機車の入手方法と、次なるターゲットの情報を告げて消える。
トールたちは、ドミニカ・スコダを探して分け入った深い森で棄獣に襲われる。彼らを助けたのは、棄獣の中でも知能、戦闘力が抜群に優れている装鎧竜と契約した竜騎士・ドミニカだった。一行は彼女の館に逗留する。
フレドリカが仲間に加わったことで4人となったチャイカたちは、次なるターゲットを探して旅を続ける。そんな彼らに謎の3人組が襲い掛かった。そこには、蛇絞剣を自在に操る少女の姿があって…。
魔法師のセルマ、槍遣いのダヴィード、白いチャイカたちは、トール、アカリ、紅いチャイカたちと夜明けの河原で対峙することになった。するとそこに、棄獣の一種である奇眼鳥の群れが襲い掛かってきて…。
チャイカ一行は次なる遺体を入手しようと、八英雄の1人である魔法師のシモン・スカニアが4年前、最後に目撃されたというラデミオの街に向かう。そこでは、「還らずの谷」の存在がささやかれていた。
通行料を払え、とチャイカたちの前に立ちふさがる、ガズ帝国の復興を掲げた怪しげな集団。そこには「チャイカ姫」と呼ばれる黄色いドレスを着た少女がいた。アカリの判断で、一行は旅芸人に扮することにする。
北の民族抗争の鎮圧を命じられたジレット隊は、終戦記念日の祭りの賑わいの中にいた。ジレットとの買い出しを喜ぶヴィヴィ。一方、チャイカたちは魔法の原料となる化石思念料を求めるが、それは品薄だった。
チャイカたちは、皇帝の遺体を所有するというガヴァーニ公爵が治めている街へたどり着いた。そこはヴィーマック王国で一番の化石思念料の産地でもあるはずなのだが、どの店にも在庫はなかった。
アカリに襲われたトールは奈落へと蹴り落とされる。そんな彼を助けたのは、ヴィヴィと共に要塞内に潜入していたジレット隊のズィータだった。トールはチャイカ救出のため、彼女たちとしばし手を組むことにする。
ヴィーマック王国の航天要塞・ストラトスが迫ってくる。2つの巨大兵器が衝突し、戦乱の世に戻ったかのような最悪の光景を前に、ジレットはヴィヴィとズィータを救出しようと、進軍の最前線に乗り込んでいく。
©2014 榊一郎・なまにくATK(ニトロプラス)/KADOKAWA 富士見書房刊/「棺姫のチャイカ」製作委員会
シリーズ
原作・関連ブック