タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

幕末グルメ ブシメシ!

(3)  「オムレット食べよット」

29 分
南海藩の危機を料理で解決した伴四郎(瀬戸康史)であったが、相変わらずこき使われている。しかし殿(草刈正雄)は、南海藩から奪われた密書を早く見つけ出せとせっついてくる。どうやら勘定方の新八(桐山漣)が持っていた桃色の包みが怪しいようだ。そんな時新八が、わがままな英国公使の食事の材料を調達に町に出るという。そこで伴四郎は無理やり新八のお使いについていくことに。果たして伴四郎は見事密書を奪い返せるか?

エピソード

  • 参勤交代で江戸にやってきた高野藩士・酒田伴四郎(瀬戸康史)は、正体不明の中間に出会う。天真らんまんで思ったことをすぐ口にする伴四郎は、その中間を怒らせてしまう。一方、常に出世をする機会をうかがっている叔父の平三(平田満)が、藩主・松平茂照(草刈正雄)に干物を献上したことで家中に騒動が勃発。その事態収拾のため、なぜか伴四郎は殿のために料理を作ることに。しかし伴四郎は料理はずぶの素人だった!
    28 分
  • 伴四郎(瀬戸康史)が無礼を働いた中間が、実は殿・茂照(草刈正雄)であったことが判明!茂照は許す代わりに、最近塞ぎがちで元気のない正室・千代(戸田恵子)を元気づけるための“料理”作りを命じる。そんなことできるわけない!と江戸の町から逃げ出そうとする伴四郎だが、その道すがら、寺を参拝中の千代を見かける。そこで伴四郎が見た真実とは…?そして、伴四郎はすずの指南書から、千代のために、ある料理を振る舞う。
    28 分
  • ある日、伴四郎(瀬戸康史)は殿(草刈正雄)から立石藩への遣いを頼まれる。藩対抗相撲大会のため、立石藩の力士を偵察に行ってほしいというのだ。そこで伴四郎は、非力な力士・小車と出会う。自分が藩の代表力士になると、言い張る小車だが、どう考えても無謀であった。しかし、彼が代表にこだわるのには、ある理由が隠されていた。ふとしたことからその理由を知った伴四郎は、敵と分かりながらも小車を応援したい、と思うが…。
    28 分
  • 真面目で勤勉な同僚・矢沢五郎右衛門(田中圭)の様子がおかしい。その原因は鶏鍋「きじや」の娘・お羽(草刈麻有)への恋心。店主が亡くなって料理の味が落ち、客が減ったと悩むお羽を助けるため、勉学もそっちのけで料理開発に取り組む五郎右衛門だったが、同じころ、前に藩に提出した建白書が認められ、修正を命じられる。自分の野心も捨てられない五郎右衛門は、伴四郎(瀬戸康史)にお羽と一緒に料理を作ってくれるよう頼む。
    28 分
  • 殿(草刈正雄)の隠し子の存在が、瓦版で取り上げられ大騒動に。伴四郎(瀬戸康史)は信じていなかったが、殿は真実だと語る。しかもその子とは「二度と会いたくない」と語り、伴四郎の怒りをかう。いつも郷里に置いてきた花のことを思う伴四郎には、親が子に会いたくないなど信じられないのだ。そのころ、殿を煙たがる重役衆が隠し子を抹殺しようと探し始めていた。そんな中、伴四郎はひょんなことから、殿の隠し子の正体を知る。
    28 分
  • 不景気のあおりを受け、仕出し「川原屋」のお菊(酒井若菜)は、掛金の回収もままならず、高野藩との取り引きも打ち切られる。その上、亡き夫の親戚からは、商売を存続させるため、料理人・京一(坪倉由幸)との縁談を強いられる。そこでお菊は苦し紛れに「伴四郎(瀬戸康史)と恋仲だ」とうそをつき、伴四郎&お菊VS京一の料理勝負に発展!伴四郎はしり込みするが、ある日、お菊の亡き夫が残した「川原屋」へのおもいを知り…。
    28 分
  • 伴四郎(瀬戸康史)が惨助(草刈正雄)に妻・すず(三吉彩花)ののろけ話をしていると、平三(平田満)が飛び込んでくる。故郷にいるはずのすずが、五郎右衛門(田中圭)とあいびきをしているというのだ! あわてて確かめにいくと、本当に二人が怪しげな茶屋から出てきた。そしてすずは笑顔で五郎右衛門を見送る。すずは私を裏切ったのか、このままでは愛する妻を奪われる。思い余った伴四郎は、五郎右衛門に果たし合いを挑む。
    28 分
  • 脱藩を企てた五郎右衛門(田中圭)。しかし、伴四郎(瀬戸康史)の目の前で捕縛され牢(ろう)に入れられる。伴四郎は、五郎右衛門に面会を求めるがかなわない。その上、彼がもう生きることを諦めていることを知る。なんとか五郎右衛門を救いたい伴四郎は、彼を脱藩に誘ったお松(三吉彩花)に会いに行くが、彼女もまた、人生に絶望していた。そこで伴四郎は生きる気力を失った彼らのために、魂をこめた料理を作ることを決意する。
    28 分
  • 伴四郎(瀬戸康史)は、相変わらず勤番生活。しかし最近は江戸料理のご意見番などと調子に乗っていた。藩主・茂照(草刈正雄)からじきじきに褒美をもらったのを皮切りに、跡継ぎ・清之助の側(そば)役を仰せつかる大出世! ウハウハの伴四郎であったがこの清之助、どうも反抗期のようで殿とうまくいっていない。二人は英国公使の接待を仰せつかるが、伴四郎の安易なふるまいにより失敗、清之助の藩主継承にも暗雲が立ち込める。
    29 分
  • 伴四郎(瀬戸康史)が目を覚ますと、そこは勤王派の急先ぽう、南海藩の屋敷であった。人足として5両で売られたという。納得できない伴四郎は、何とか藩邸から逃げ出そうと画策する。しかし武勇の誉れ高い南海藩、屈強な男たちに囲まれて逃げるどころか、土木作業でこっぴどく働かされふらふらに。このままでは命が危ないと、すきを見て逃げ出し川原屋に逃げ込むが、そこにいたのは惨助(草刈正雄)と妻すず(三吉彩花)だった。
    29 分
  • 南海藩の危機を料理で解決した伴四郎(瀬戸康史)であったが、相変わらずこき使われている。しかし殿(草刈正雄)は、南海藩から奪われた密書を早く見つけ出せとせっついてくる。どうやら勘定方の新八(桐山漣)が持っていた桃色の包みが怪しいようだ。そんな時新八が、わがままな英国公使の食事の材料を調達に町に出るという。そこで伴四郎は無理やり新八のお使いについていくことに。果たして伴四郎は見事密書を奪い返せるか?
    29 分
  • 伴四郎(瀬戸康史)は賄い方に昇格するが、南海藩では「召し放ち総選挙」が行われることに。財政難のため、不要な者をやめさせるというのだ。しかしその裏では、陰謀が画策されていた。のんきな伴四郎は召し放たれようとするが、殿(草刈正雄)から叱責される。密書を取り戻さねば、清之助が危機に陥る。そう聞かされた伴四郎は、心を改めるが、召し放ちの候補に挙がってしまう。そしてもう一人の候補は伴四郎を慕うお常だった。
    29 分
  • 殿(草刈正雄)が原田(笠原秀幸)に襲われひん死の重傷を負う。それを聞いた伴四郎(瀬戸康史)は、一人で密書を奪還しなければならなくなったことに恐れおののく。そんな時賄い方をやめたはずのお常(萩原みのり)が、エゲレス公使のめかけとなって戻ってくる。父が浪人で明日の食事も事欠く境遇では、他に生きる術がなかったのだ。自暴自棄になったお常は「男が蹴落とし合う姿が見たい」と大食い大会を開くことを要求する。
    29 分
  • ようやく書状を奪還した伴四郎(瀬戸康史)であったが、愛する妻・すず(三吉彩花)が行方不明に。そのころ江戸の町では、若い娘の生血をすする吸血鬼のうわさで持ちきりに。もしやすずは吸血鬼に襲われたのでは?伴四郎は、手がかりを求めて夜の町に探索に出る。しかし吸血鬼に間違えられ、番屋に連行される始末。そこで考えたのが“大江戸美人比べ”そこに吸血鬼をおびき寄せる作戦だ。しかしすずは、暗い地下のろうの中にいた。
    29 分
  • すず(三吉彩花)を救うため桔梗屋に乗り込んだ伴四郎(瀬戸康史)。しかしもう一歩のところで英国公使アボットに連れ去られてしまう。行き先は南海藩邸のようだ。伴四郎は早速乗り込むが、追い払われてしまう。世継ぎ・清之介からそのことを知らされた病身の・茂照(草刈正雄)は、自ら乗り出すことを決意、伴四郎とともに川原屋で策を練る。そこで近く英国公使離日の祝宴があると知った二人は思いもよらない作戦に打って出る!
    29 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ