タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ゼロから始める魔法の書

第7話  「王都プラスタ」

23 分
ゼロの下を去った傭兵は城下町で獣堕ちたちの粗暴なふるまいと、それに脅えて暮らす人々の姿を目の当たりにする。そして、1人王都を後にした傭兵は、犬面の策略によって魔女たちの襲撃に遭ってしまう。

エピソード

  • 正義の名の下に魔女狩りを続ける教会によって、偉大なる魔女・ソーレナが処刑されたことを機にウェニアス王国で魔女たちの反乱が勃発する。対する王国が傭兵を集めたことにより、魔女との戦いはさらに激化していく。
    23 分
  • 世界を滅ぼす可能性を秘めた魔法書を探すゼロとその護衛を引き受けた獣堕ちの傭兵は、魔術師・アルバスから「ゼロの魔術師団」の存在を知る。ゼロたちはアルバスの案内の下、魔術師団の隠れ家を目指すが…。
    23 分
  • 難を逃れたゼロたちは商業の中心地であるフォーミカムにたどり着く。獣堕ちである傭兵がいるという理由で宿探しに苦労する一行だったが、その途中で奴隷の少女を連れた犬面の獣堕ちと出会い…。
    23 分
  • フォーミカムで束の間の休息を得たゼロたちは、ゼロの魔術師団の隠れ家があるというラテットに向けて出発する。足取りも軽く目的地に到着した一行だったが、ラテットの入り口に差し掛かった時、状況は一変する。
    23 分
  • ラテットに到着したゼロたちの前には無残な光景が広がっていた。魔術師を含めた村人の死体があちこちに散乱する異様な状況を見たゼロは、その被害が魔女に襲撃されたことによるものであると断言する。
    23 分
  • 強制召喚によってゼロたちが呼び出された先は王都プラスタの王城だった。「ゼロの書」を追う最中、十三番はすでに王国に魔法が広まっていると知り、本を奪還して魔女の秩序を取り戻そうと国家魔術師になったと語る。
    23 分
  • ゼロの下を去った傭兵は城下町で獣堕ちたちの粗暴なふるまいと、それに脅えて暮らす人々の姿を目の当たりにする。そして、1人王都を後にした傭兵は、犬面の策略によって魔女たちの襲撃に遭ってしまう。
    23 分
  • 魔女の裏切りに持って負傷した犬面・ホルデムはソーレナの下僕であり、冤罪で処刑された彼女の復讐のために家を出た孫娘を捜していた。傭兵はホルデムと共にゼロの書の手掛かりとなる孫娘を捜す決意を固めるが…。
    23 分
  • 傭兵とホルデムによって救出されたアルバスは十三番を倒し、なおかつはぐれ魔女たちに対抗できる可能性がある作戦を思い付く。その作戦にはゼロの協力が不可欠だったが、彼女は十三番に拉致されてしまい…。
    23 分
  • 王城・暁の塔の最上階にたどり着いた傭兵の前に、冷たい表情のゼロが現れる。彼女に作戦を伝えようとした傭兵がアルバスの名を口にした途端、ゼロと傭兵は再び十三番の下へ強制召喚されてしまう。
    23 分
  • 凄まじい魔力を放ち合うゼロと十三番。拮抗する2人の魔力合戦は次第にゼロが十三番を圧倒し始める。しかし、十三番を追い詰めるゼロの冷たい表情に気付いた傭兵は、彼女を止めるために十三番の前に飛び出していく。
    23 分
  • アルバスとホルデムの危機を救ったゼロは十三番のたくらみの全てをアルバスに告げる。十三番を許すことができないアルバスだったが、作戦の成功にはその協力が不可欠だった。そして、アルバスはある決断を下す。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ