タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
傷心の果てに痛飲した陸小歓と李江湖。2人が黄小魚を懲らしめてやると管を巻いている頃、宮中では殺人事件が発生。被害者は太監。長春宮での火事の原因と言われる精油を皇后から託された、事件の鍵を握る人物だ。

エピソード

  • 明の天啓年間。宮中で謎の盗難事件が発生。人間とも「もののけ」ともつかない白衣の怪人・妖狐が、軍用金50万両を素早く盗み去った。その姿を見た者は、魂が抜かれたような状態になってしまったという。
    44 分
  • 陸小歓と東方楽は、劉家の門前で于小翠の動向をうかがっていた。そこへ金無果が現れて小翠を襲撃。達人同士の攻防を眺めていた2人は、助太刀すべく飛び出した。楽は許婚である無花を助け、小歓は小翠と対峙する。
    44 分
  • まるで砂嵐が大勢の人間を運び去ったかのようだった。5千の兵が姿を消した、前代未聞の大量失踪事件の捜査に着手する東方楽と陸小歓だったが、現場を調べても兵士たちが移動した痕跡は見当たらない。
    45 分
  • 東方楽に「女神捕吏へ」と記された黄小魚からの誘いの文が届いた。それは陸小歓を思って書かれたものだが、そうとは知らない小歓にあおられ楽は出掛ける。そして、催兵符に結ばれたものと同じ絹を纏う女を見掛けた。
    45 分
  • 催兵符に結わえられていた黄色の絹。その手掛かりを追って陸小歓と東方楽は紅鳳楼へ赴く。偶然にも小間使いの玉蓮と再会した2人は黄色い絹について尋ねるが、言動に不自然なものを感じた小歓は玉蓮の後を追う。
    45 分
  • 大理寺から脱獄した怪物を捜す陸小歓と東方楽。手掛かりとなる文書は触れた瞬間に燃えてしまった。楽はこの不思議な現象が入手困難な薬品・冷光を改良した仕掛けによるものだと推理し、錬丹房の捜査を提案する。
    45 分
  • 一晩で4人もの人間の命を奪った脱獄囚・行万仞。獣のように全身に毛が生えているとも、うろこに覆われているともうわさされるこの怪物をおびき寄せる特別な酒を誰が飲むのか。大騒ぎの末、上官諸侯が飲むが…。
    45 分
  • 長春宮が全焼して宮中が騒然となるが、沐浴中だった恵妃は炎に包まれ、何の痕跡も残さずに消え去った。皇后は恵妃の捜索を快刀門に依頼するが、蘇公公が割って入り、捜査は玉扇門と合同で行われることとなる。
    44 分
  • 黄小魚から誘われた陸小歓はおめかしして永愛橋に来たが、待てど暮らせど小魚は姿を現さない。一方、東方楽は李江湖と七夕の夜空に上がる花火を見ていたが、待ちぼうけを食わされた相棒を放ってはおけない。
    44 分
  • 傷心の果てに痛飲した陸小歓と李江湖。2人が黄小魚を懲らしめてやると管を巻いている頃、宮中では殺人事件が発生。被害者は太監。長春宮での火事の原因と言われる精油を皇后から託された、事件の鍵を握る人物だ。
    44 分
  • 朝廷の陵墓で盗難事件が発生。捜査を任された快刀門と玉扇門が現場に急行するが、盗まれた物はほとんど価値のないものだけだと分かり、東方楽も陸小歓も腑に落ちない。そんな中、楽は落ちていた木の葉を見つける。
    44 分
  • 煙となって消えた馬小猴。隠身術の秘密が快刀門へと渡るのを恐れた金無花が裏切り者を始末したのだ。ところが、それは同時に彼ら自身が捜している物の在りかを知る男が消えたことも意味していた。
    44 分
  • 陸小歓たちの縄を解くと老婆は、「孫の馬小猴が蒙古の伝承から姿を消すことができる木の葉の存在を知り、それを悪用して盗みを続けていた」と話す。さらに老婆は、小猴を殺した犯人にも目星をつけていた。
    44 分
  • 烏然の使節殺害事件の手掛かりを得た陸小歓と東方楽は府成整骨堂を訪ね、そこで盗品らしき指輪をした男たちと出くわし、巧みな連携で彼らを捕縛。黄小魚は早速事情聴取に取り掛かるが、彼らは口を割ろうとしない。
    45 分
  • 必死で東方楽を救った李江湖が危篤状態に陥る。彼を助けるには、烏然の貢ぎ物と一緒に盗まれたと思しき赤錬金蓮が必要だと言う。陸小歓と黄小魚は、盗品を売った小六子こそが赤錬金蓮の在りかを知っているとにらむ。
    44 分
  • 線香の香りから楊臣之が殺人犯だと割り出した東方楽。証拠の品を得るべく陸小歓と共に楊府に潜入するが、わなに注意しているうちに臣之に逃げられてしまう。兵を召集し、臣之を追う2人の応援に黄小魚も駆け付ける。
    44 分
  • 「黒金剛」明覚率いる山賊たちの手に落ちた快刀門一行。柱に縛られ、覚悟を決めつつあった陸小歓と黄小魚の前に嘉慶公主が現れた。彼女は皇帝という身分をいつわって李江湖と名乗り、兄と共に一行を助けに来たのだ。
    44 分
  • 胡小帥を襲い内力を奪った金の仮面の男。その正体は金無花だった。無花への思いを断ち切れない東方楽は、以前にも金の仮面をした無花に遭遇してはいたが、いまだにそれが彼の仕業だと信じられずにいた。
    44 分
  • 朝廷の重臣・于尚書の還暦を祝う宴の場で、彼の挨拶が始まると参列者たちは奇妙な違和感に襲われる。五感の全てが一瞬失われたような不思議な感覚だ。そして我に返ると、目の前の于尚書が石と化していた。
    44 分
  • 人体石化事件の手掛かりを握っていた温良も石になってしまった。温良と石化事件の被害者2人はある神女像を壊したせいで罰が当たったといううわさを聞いた陸小歓と東方楽は、その像が祀られていた神女廟へと向かう。
    44 分
  • 手掛かりを得て動き出した快刀門の面々は、虎頭山の地下牢に監禁されていた徐虎を救出。これで一件落着かと胸をなで下ろした陸小歓と東方楽だったが、残念なことに徐虎は「事件の首謀者の顔は見ていない」と言う。
    44 分
  • 皇后に差し出された2体の月下女神。1体は自分が彫刻の名手・徐虎だといつわる弟子の魏三の作で、もう1体は徐虎に才能を見出され技を伝授された李江湖の作だった。そして皇后は、1体が魏三の作品だと見抜いた。
    43 分
  • 煙が立ち込める玉扇門の庭で、怪物じみた謎の男を目撃した陸小歓。怪人の後を追い入った部屋で、見事に百鳥朝鳳の絹布を発見する。快刀門へと戻った小歓は得意げに絹布を広げるが、すぐに東方楽は偽物だと断じた。
    44 分
  • 黄府では嘉慶公主の指揮の下、黄小魚の誕生日を祝う宴の準備が進んでいた。あまりの豪華さにうんざり顔の小魚は、嘉慶が準備した旗も不満だった。だがそれは、彼のために陸小歓が作った旗を真似たものだった。
    44 分
  • 官兵を蹴散らし刑場から逃げ出した厳武を追う金無花。そして、快刀門の面々が策を弄して厳武を連れ帰ることに成功した。東方楽と陸小歓、李江湖は、意識を取り戻した厳武にあれこれと質問を浴びせる。
    44 分
  • 「妖嬰が帝位を奪う」といううわさが広がり、皇后は妊婦を捕縛せよと発令。これを受けて玉扇門は次々と妊婦を投獄した。残る捜索場所は快刀門のみ。屋敷の中を探るべく訪れた金無花を、東方楽は追い返そうとする。
    44 分
  • 陸小歓と東方楽は法海禅寺の小坊主に迷魂失憶を飲ませることに成功。小坊主の記憶が消えれば、妊婦たちの居所を知られる恐れはなくなる。一方、皇后は妊婦の失踪に快刀門が関わっているのではないかと疑っていた。
    44 分
  • 黄小魚との絶縁を誓う羽目になった陸小歓は、子供の頃に小魚から贈られ大切にしてきた魚の人形もなくしてしまい失意に沈んだ。人形を隠したのは東方楽。小歓に小魚への思いを断ち切らせるためにやったのだが…。
    44 分
  • 10年前に死んだと思われていた笑紅塵が信徒たちの前に姿を現した。「朝廷を牛耳ろうとする奸臣のたくらみを暴くために動いている快刀門に、力を貸してやってほしい」という教主からの頼み事に信徒たちは驚く。
    44 分
  • 陸小歓と黄小魚の体の自由を奪った定身術には金箔草の毒が関わっていることが判明。しかし2人には毒を飲まされた心当たりがない。また、快刀門の面々のみならず嘉慶公主までもが毒を飲んでいたことが明らかとなる。
    44 分
  • 宮中で何者かにさらわれた陸小歓は牢獄に閉じ込められていた。彼女を連れ去った一団の首領は、東方楽が謀反人として処刑された汪文言の娘・明珠ではないのかと小歓に尋ね、楽を告発する書状に署名をしろと迫る。
    44 分
  • 陸小歓の告発状を手にした官兵たちが快刀門へと押し寄せる。そこには東方楽の正体が逆賊・汪明珠だと記され、小歓の手形も押されていた。身に覚えのない小歓は誤解を解こうとするが、兵たちは楽へと迫る。
    44 分
  • 上官諸侯の首元に匕首を突きつけ、「死んでもらう」と言い放った東方楽。そこに現れた陸小歓が「門主を殺すなんて許さない」と説得を試みるが、楽こと汪明珠はこれを拒否。やがて小歓たちは窮地に立たされる。
    44 分
  • 「東方楽と金無花が2日後に挙式」との情報を李江湖こと皇帝の耳に入れ、黄小魚と嘉慶公主の婚儀を執り行わせる。これら全ては、脅威となるものを排除して明国を乗っ取ろうとたくらむ蘇公公の計画だった。
    44 分
  • 花嫁行列が都の大路を行く。祝福する沿道の人々とは対照的にうつろな表情で列を見送る陸小歓は、黄小魚の姿を目にし、そっと視線を落とした。その時、空にいくつもの巨大な火球が出現。それらは無数の隕石だった。
    43 分
  • 蘇公公による傀儡軍の乱を防いだ快刀門に「天下第一門」の扁額が皇帝から与えられたが、快刀門に以前の明るさはない。陸小歓は、身を挺して自分を守ったせいで昏睡状態となった黄小魚に付きっきりで看病していた。
    44 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ