恋がヘタでも生きてます

#8

43分
佳介の彼女として幸せの絶頂だった美沙は、佳介がある女性と歩いているのを目撃する。真相を聞けないまま、佳介との関係も少しずつギクシャクしていく美沙は、ある日その女性と遭遇。彼女から衝撃の話を聞かされる。
エピソード
恋愛ゲームのプロデューサーを務める茅ヶ崎美沙。ヒットゲームを生み出し日々奮闘していた美沙だが、突然現れた経営のプロ・雄島佳介に念願だった社長の座を奪われてしまうことに…。
突然現れた雄島佳介に交際を申し込まれ、さらに佳介に社長の座も奪われた美沙。彼女は、仕事の実権を握られて今まで通り仕事ができないでいた。そんな中、ゲームの新キャラがパクリではないかという騒動が勃発する。
社長の雄島佳介から突然交際を申し込まれた美沙。そんな中、2人は取引先の社長である佳介の元カノ・遙香が主催するパーティーに行くことに。一方、司から恋愛アドバイスを受ける千尋は、徐々に司が気になり始め…。
佳介と一晩を過ごすことになった美沙だったが、直前で逃げ出してしまう。それでも勇気を出し、佳介の思いに答えようと思った矢先、後輩の柿谷が思いも寄らぬ行動に出る。一方、千尋は、ついに司と体の関係を持ち…。
新規取引先で、恋愛できないトラウマになっている元カレと出会った美沙。そんな美沙は、佳介から突然デートに誘われる。一方、千尋は仁と司の間で気持ちが揺れていたが、桜井理佳子が今度は司に接近してくる。
初デートの後、ついに美沙は佳介と結ばれ、喜んでいた。そんな中、美沙は元カレに誘われ、迷いながらも会うことに。一方、司に引かれ始めた千尋は、婚約者の仁に別れを告げ、司に衝撃のお願いをする。
佳介から合い鍵を渡され、彼女としての生活を満喫する美沙。しかし、佳介の思わぬ姿を目撃してしまう。一方、千尋は橋本司のセフレになることを決意。高級クラブで働き始めるが、自分の気持ちに整理がつかない。
佳介の彼女として幸せの絶頂だった美沙は、佳介がある女性と歩いているのを目撃する。真相を聞けないまま、佳介との関係も少しずつギクシャクしていく美沙は、ある日その女性と遭遇。彼女から衝撃の話を聞かされる。
死んだと思っていた佳介の元カノ・怜奈が現れ、佳介は美沙と怜奈の間で揺れ動く。一方、司のセフレとなった千尋は、ますます司にのめり込んでいた。ある日、千尋は司の部屋で理佳子と鉢合わせし、バトルに発展する。
元カノ・怜奈が現れた佳介から距離を置こうと言われ、美沙は心機一転するのだが、会社で大問題が勃発する。一方、司と一緒にいたい千尋が彼とランチデートを楽しんでいる時、司から驚くべきことを言われる。
バスキアの買収問題が発覚し、美沙は佳介に会社を辞めると告げる。一方、千尋は司から別れを告げられてしまう。そんな中、千尋と司は美沙を何とかするべく、それぞれ行動を起こす。美沙も千尋も今までを振り返り…。
美沙は会社を辞めると佳介に伝え、合い鍵も返してしまう。その後、バスキアの買収問題には意外な事実が隠されていたことを美沙は知る。一方、千尋は司から別れを切り出されてしまったが、彼を払しょくできず…。
©藤原晶・小学館/読売テレビ
原作・関連ブック