トリック1

TRICK4 「村人が全員消えた」

46分
ある離村の駐在所に赴任した警官から「村人が全員消え、村に派遣された捜索隊も行方不明になった」との一報が入る。調査を依頼された上田が駐在所の警官から話を聞くと、村でミラクル三井という男に会ったと言う。
エピソード
売れない奇術師・山田奈緒子は唯一の収入源である見世物小屋の仕事を解雇された。彼女は雑誌に掲載された若手物理学者・上田次郎から霊能力者たちへの挑戦状を見つけ、「賞金」の2文字に引かれて上田を訪ねる。
上田と共に話題の集団「母之泉」の2度目の儀式に参加した奈緒子は、「貧乳」が悩みだと書いて封筒を提出した。すると澄子は見事「貧乳」を言い当てたが、奈緒子は封筒を透かして中を読むその方法を暴く。
青木の家で霧島澄子の肖像を発見した奈緒子。矢部刑事たちを前に、奈緒子は津村たちが帰ろうとするのを引き止め、美和子殺しの犯人とそのトリックを暴いていく。 ポイントは昨晩、青木が作ったキジ汁にあり…。
ある離村の駐在所に赴任した警官から「村人が全員消え、村に派遣された捜索隊も行方不明になった」との一報が入る。調査を依頼された上田が駐在所の警官から話を聞くと、村でミラクル三井という男に会ったと言う。
上田らしき首なし死体が見つかり、村の出口が消えていた。奈緒子と矢部は改めて死体を調べるが、これが上田なのか確証を持てずにいた。その後、奈緒子はミラクル三井のビデオに映る家で怪しげな絵を発見する。
奈緒子が上田の研究室に来ている所へ、矢部が霊能力で人を3人殺すと警察に申し出た女性・黒坂美幸を連れて現れた。矢部は彼女の監視を上田に依頼し、上田と奈緒子は美幸と3人で一晩を過ごすことになった。
美幸が見えないナイフで行った殺人で、彼女が浴びた鮮血は被害者の血液と一致し、ナイフの指紋も美幸のものだと判明したが、霊能力殺人では逮捕はできない。勝ち誇ったように去る美幸を奈緒子は悔しそうに見送る。
大家さんが奈緒子に「びっくり人間コンテスト」のチラシを見せ、「家賃の代わりに優勝賞品の温泉旅行を取ってこい」とほのめかす。上田がコンテストの審査員席にいる前で、奈緒子の手品が大受けするが…。
奈緒子は父・剛三の名を語る男からの電話を受けた。いたずらと思いつつも不安に駆られた彼女は翌朝、今度は差出人不明の手紙を受け取る。意味深な内容を怪しんだ奈緒子は、封筒から浮かび上がった住所に向かう。
奈緒子を案じてアパートを訪ねた上田は里見と出会い、奈緒子に霊能力があり、その力で剛三が死んだと聞くが、上田は信じられない。その頃、奈緒子は黒津兄弟と共に黒門島に到着。早速、婚礼の儀式が行われる。
©テレビ朝日・東宝
シリーズ