デビルズライン

Line.8 オフライン

24分
09月30日 23:59まで
F班の拠点となっているバー・サカキに移り住むことになったつかさ。CCCメンバーの襲撃からつかさを守った安斎は、つかさと自身の中にいる「鬼」への恐怖に向きあうため、吸血欲トレーニングをすることに。
エピソード
大学院生の平つかさは将来の進路に迷ってはいたが、同級生のミワコや秋村らと平凡な日々を送っていた。ミワコは吸血事件の噂に夢中だが、一方のつかさは最近自分に注がれている誰かの視線が気になっていた。
事件以来、安斎は被害者のケアと称してつかさの部屋に訪れるようになる。彼のことが気になっていたつかさにとって、それは嬉しい出来事だった。その後、安斎の忘れ物を届けに来たつかさは、ある様子を目撃する。
つかさと安斎は、大晦日の夜にマンションの部屋で2人で鍋をする約束を交わした。ミワコは、つかさに突然恋人ができたことに驚き、懸念する。大晦日、2人が鍋をつつくその部屋のベランダには不審な男が隠れていた。
つかさの部屋で、突然安斎が狙撃された。つかさは第2射から安斎をかばおうとして傷を負ってしまう。つかさの血を見て理性を失いかけた安斎だったが、我に返り狙撃手を追う。安斎は狙撃手であるゼロナナと対峙し…。
駅前広場で天気予報の中継をしていた女性気象予報士がカメラの前で刺された。流血に我を忘れた鬼であるADが、その女性に襲いかかる。さらに、その周囲にいた鬼たちも狂暴化して、辺りはパニックになった。
池袋駅前広場事件の放送を観た「鬼」が各地で狂暴化し、「鬼」の存在が知れ渡る。そんななか、片桐は、CCCのリーダー・菊原が殺人事件の実行犯であるジューゴをビルから突き落とすのを目撃する。
つかさへの愛を自覚した安斎は、自分の中に潜む「鬼」の凶暴性を恐れ始める。一方、病院に収容されたゼロナナは、つかさを人質にとって病院から脱走した。ゼロナナは「鬼」への憎悪を露わにするが…。
F班の拠点となっているバー・サカキに移り住むことになったつかさ。CCCメンバーの襲撃からつかさを守った安斎は、つかさと自身の中にいる「鬼」への恐怖に向きあうため、吸血欲トレーニングをすることに。
F班の新しい班長として石丸警部補がやってきた。F班のメンバーは、彼を牛尾らと同様スパイではないかと疑う。石丸はそれを察し、自分と菊原の身辺調査を願い出た。つかさはゼロナナとゼロキューに接触し…。
自警団を名乗る鬼狩りの集団によって事件に巻き込まれた安斎。そんな安斎の映像を見た石丸は、安斎が変異しながらも冷静さを保っていたことを見抜き、自分と戦わせることでそれを立証しようとした。
CCCアジトへの潜入するF班では、鬼の捜査官である安斎とジルには出動禁止が通達された。さらに、吸血行為があった時には即刻解雇、吸血の対象となったヒトとの接触を長期間にわたり禁じられると宣告された。
CCCのアジトに潜入した沢崎たちだが、わなにはまってしまう。安斎は、沢崎たちを救うため現場に向かうが、奇襲を受けて致命傷を負う。そんな安斎を救うにはヒトの血を与えるしかないと、つかさはある行動に出る。
©花田陵・講談社/デビルズライン製作委員会
原作・関連ブック