キム秘書はいったい、なぜ?

第1話

32分
ユミョングループの副会長・ヨンジュンは優れた経営センスを持ち、ルックスも抜群で、完璧な自分を愛する超ナルシスト。そんな彼が唯一頼りにしている敏腕秘書・ミソからある日突然、辞職を宣言されパニックに陥る。
エピソード
ユミョングループの副会長・ヨンジュンは優れた経営センスを持ち、ルックスも抜群で、完璧な自分を愛する超ナルシスト。そんな彼が唯一頼りにしている敏腕秘書・ミソからある日突然、辞職を宣言されパニックに陥る。
なぜミソが秘書を辞めたいのか、ヨンジュンが理由を探るなか、ミソから「自分の人生を歩みたい」と理由を告げられショックを受ける。そんなヨンジュンをよそに、ミソは着々と引き継ぎの準備を進めていく。
ミソを引き止めるためプロポーズをしたヨンジュンだが、ミソはまるで動じることなく彼を酔っ払い扱いする。ヨンジュンは生まれて初めて女性に振られたという現実を受け入れられない上、彼女の言動を理解できない。
ヨンジュンはミソの後任で雇った新人・ジアの歓迎会に参加。ミソを気遣う素振りを見せ、帰り道にミソに渾身の告白をする。だが、ミソから「タイプではない」ときっぱり断られ、どこが駄目なんだと口論に発展する。
ヨンジュンは退職祝いとして豪華なサプライズデートを企画し、夜の遊園地にミソをエスコート。彼はミソの夢をかなえ、ぬいぐるみと一緒にネックレスまで贈った。ミソは初めて目にした彼の意外な姿に感動するが…。
紹介されたパク記者とデートをするミソだったが、ことあるごとにヨンジュンを思い出してしまいデートに集中できない。さらにその別れ際、ヨンジュンが目の前に現れて取り乱すも、何とかその場をやり過ごす。
足を痛めたヨンジュンを彼の家で手当てするミソ。運動会の競技で男と密着していた理由をミソに問い詰めた拍子に、2人は抱きあってしまい慌てて離れる。そんななか、2人はオープンを控えたアートセンターを訪問する。
ヨンジュンは3年ぶりに帰国した兄・ソンヨンせいで気の重い日々を過ごす。ミソは覇気がないヨンジュンを心配するが、図書館の開館イベントに大ファンである人気作家・モルペウスを呼ぶ計画を立てて忙しくしていた。
ミソの家でラーメンを作ってもらったヨンジュンは、ユシクからラーメンは愛の告白だと聞かされ思わずニヤけてしまう。翌朝、愛車で迎えにきた笑顔のヨンジュンにミソは驚きつつも、喜びを覚える。
ミソに告白するため、ヨンジュンは万全の準備を整える。ヨンジュンから食事に誘われたミソは、服を新調して約束のレストランへ向かうが、突然モルペウスことソンヨンから会いたいと連絡を受ける。
誤解が解け、ヨンジュンとミソは仲直りした。ミソにキスをしようとしたヨンジュンだったが、直前に過去のトラウマが蘇って突き飛ばしてしまう。恥をかかされたミソは、明日は休むと宣言して帰宅する。
ヨンジュンは休みを取ってミソを訪ね、彼女の希望に合わせた平凡なデートを楽しむ。そんななか、ミソはパク記者から誘拐事件の情報を受け、探し続けていた「お兄ちゃん」はヨンジュンなのではないかと考える。
ミソを見つけた9年前のことを懐かしむヨンジュン。ミソは探していた「お兄ちゃん」がソンヨンだったと知り、彼と共に過去の記憶を取り戻そうとする。急速に親しくなっていく2人のことが気になるヨンジュンだが…。
同僚たちと共に研修合宿にいくミソ。気ままに過ごすはずが、来る予定のなかったヨンジュンが現れ一同は仰天。さらに彼は、「合宿が終わる頃には恋人同士になっている」と宣言し、ミソに猛アプローチを開始する。
一足先にソウルへ戻ったヨンジュンは、ミソのために自宅で2人きりのバーベキューパーティを企画。そこでヨンジュンはミソにキスをしようと顔を近づけるが、またしても恐ろしい過去を思い出して失敗してしまう。
ヨンジュンの母親から呼び出されたミソは、ソンヨンから聞いた話との食い違いに、「お兄ちゃん」はヨンジュンではないかと考える。一方、ヨンジュンはユシクから、全てミソに打ち明けた方がいいとアドバイスされる。
ミソに告白されたヨンジュンは、トラウマを克服してキスを交わす。嬉しさから所構わず素直に想いを伝えるヨンジュン。だが、恋人同士になったことを祝って食事をする2人は、上司と秘書の雰囲気から抜け出せない。
ミソと仲直りしようと家を訪れたヨンジュンだが、突然ミソの姉が訪問し、クローゼットの中に隠れる羽目になっててしまう。一方、ソンヨンは告白した後、ミソが電話に出なくなったことを気にしていた。
「お兄ちゃん」はヨンジュンだと確信を持ち始めたミソは、2人の母親に真相を尋ねるが、誘拐されたのはソンヨンだったと聞かされる。だが、子供の頃のソンヨンとヨンジュンの写真を目にし、ますます不審に思う。
ミソの姉2人に交際を認めてもらうため、ヨンジュンは潮干狩りに挑戦。姉たちに勝負を挑むミソは、自分たちが勝ったらヨンジュンを嫌わないでほしいと頼む。そして2人の姿を見た姉たちは、ついに交際を許可する。
© STUDIO DRAGON CORPORATION