ウマ娘 プリティーダービー Season 2

第3話 出会い

24分
スピカの初詣で無敗のウマ娘になることを祈願したトウカイテイオーは、入学以来のライバルであるメジロマックイーンと天皇賞(春)での対決を決意。そして、メジロマックイーンは前哨戦である阪神大賞典を迎える。
エピソード
シンボリルドルフに憧れて無敗の3冠を目指すトウカイテイオーは、次走の日本ダービーを目前に日本中の注目を集めていた。そして迎えた本番、トウカイテイオーは最も運のあるウマ娘が勝つとされるレースに挑む。
日本ダービーを終え、無敗の三冠へ向けて残るは菊花賞のみとなったトウカイテイオー。一方、ナイスネイチャも菊花賞への出走を目指し、カノープスのチームメイトと共にトレーニングに打ち込む。
スピカの初詣で無敗のウマ娘になることを祈願したトウカイテイオーは、入学以来のライバルであるメジロマックイーンと天皇賞(春)での対決を決意。そして、メジロマックイーンは前哨戦である阪神大賞典を迎える。
天皇賞(春)に向けてトレーニングに励むトウカイテイオーは、ミホノブルボンが3冠を目指す皐月賞を観戦し、ある気づきを得る。一方、メジロマックイーンは世間の評判がトウカイテイオー優勢なことにいら立ち...。
厳しいトレーニングを経て、ついに天皇賞(春)を迎えたチームスピカ。トレーナーは、「距離適性はメジロマックイーンの方が合っている。でも今のトウカイテイオーが負けるとは考えられない」と悩むが...。
無敗のウマ娘という目標も失い、無気力な日々を送るトウカイテイオーは、トレーナーからチームスピカのリーダーとしてある場所へ向かうよう言い渡される。一方、ミホノブルボンは3冠制覇を目指し、菊花賞に挑む。
天皇賞(春)3連覇へ向けて勢いづくメジロマックイーンは、同じく有力視されるライスシャワーから出走しないと告げられる。メジロマックイーンの気持ちをくんだトウカイテイオーは、ライスシャワーを説得するが...。
天皇賞(春)に向けてトレーニングに励むメジロマックイーンとライスシャワーだったが、実力差は歴然。このままでは勝てないと踏んだライスシャワーは、ある目的のため、レース目前にトレセン学園から姿を消す。
日本ダービーでのBNW(ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケット)の強さに驚くスピカの面々。そんななか、宝塚記念でレースに復帰すべく準備に余念がないトウカイテイオーだったが...。
以前のように全力で走れない、レースに出ても勝てない。そのことを受け入れたトウカイテイオーは、チーム脱退届を提出する。そんな彼女にトレーナーは、ファン大感謝祭でお別れのステージをやらないかと提案する。
まだ全力では走れないが、いつかレースに出られるよう、心機一転トレーニングに励むトウカイテイオーは、自分を支えてくれたみんなにお礼を述べる。だが、なぜかメジロマックイーンにだけはうまく伝えられず...。
菊花賞を視察するため、京都に赴いたスピカのメンバーは、ビワハヤヒデの圧倒的な強さを目の当たりにする。一方、メジロマックイーンは天皇賞(秋)へ向け、ひとり残って自主トレに励んでいたが...。
メジロマックイーンとの約束を果たすため、トレーニングを重ねるトウカイテイオー。スピカの面々は、そんな彼女を全力でサポートする。そして有馬記念当日、トウカイテイオーは強豪相手に食らいつこうとするが...。
© 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
シリーズ
原作・関連ブック