かまいたちの机上の空論城

#35 珠代の山あり谷あり空論あり!!視聴者の眉つば空論、ぜんぶまとめてシロクロつけまスペシャル!

24分
番組から飛び出した「おばちゃんダンス」や「パンティテックス」で2020年再ブレイクを果たした珠代ねえさん。そんな彼女が、視聴者から寄せられた、根拠は薄いけど結果が気になる「眉つば空論」をまとめて実験する。
エピソード
過激でドSな癒やし体験に山内が泣き叫ぶ。中国で行われている海外セレブもこよなく愛する魅惑の健康法に、インドから来た高温油、眼球洗い、さらにはウガンダ発祥の「土食い」を山内城主自ら体験する。
「懐かしい事象を思い出とストレスが緩和され自信が湧く。脳に刺激を与えて活性化するという説があることから、懐かしい記憶を呼び起こしてから物ぼけをすれば、普通にやるより面白くなる」と吉田先生は言う。
山内城主によると同期の天竺鼠・瀬下は根性がすごく、激辛料理も気合で完食するとのこと。そんな瀬下がバンジージャンプに挑むが、バンジージャンプを飛ぶ前に、気合が本物かを確認すべく3つの試練が課せられる。
放送開始から半年間で、かまいたちと渋谷が最も爆笑した瞬間のランキングを発表することとなった。それぞれが一番印象に残っている回やワースト回などを、エピソードを交えながら一気に振り返る。
競馬好きの山内城主が信頼する3人の競馬予想師が登場。競馬初心者の令和喜多みな実・河野は、3人の競馬予想師の予想をもとに購入。競馬歴22年というベテランのギャロップ・林は自由に購入し、12のレースで勝負する。
以前の放送で、鷲羽山ハイランドにあるバンジージャンプを見事飛んでみせた瀬下。しかし、前回は事前にバンジーをすることを知らされており、心の準備が万全であったのではないかという疑惑が浮上する。
以前の放送でこの空論に挑んだが結果は惜しくもマジ論ならず、ということで、今回は「新たな秘策」を携え戦いに挑む。参加するのは競馬初心者の令和喜多みな実・河野と、競馬歴22年のベテラン、ギャロップ・林だ。
過去3回の放送で一度「マジ論」と認定されたこの空論だが、鳥越先生自ら「もっと多くの人の面白レア話を聞きたい」ということで、今回は4人の出演者が山内に勝負を挑み、「面白レア話」を披露する。
レシピ本も多数出版するBBQの達人・たけだバーベキュー先生は、「石焼き芋」の石焼きシステムはかなり優秀だと言う。しかし焼き芋のおいしさにあぐらをかき、ほかの食材では試しておらず「まさしく盲点だ」と話す。
番組から飛び出した「おばちゃんダンス」や「パンティテックス」で2020年再ブレイクを果たした珠代ねえさん。そんな彼女が、視聴者から寄せられた、根拠は薄いけど結果が気になる「眉つば空論」をまとめて実験する。
世の中にある「試したことはないが、やってみたらこうなるはず」という「机上の空論」を徹底検証する実験バラエティ。これまで、訳あって普通には放送できなかった実験や衝撃映像の数々を一挙にお届けする。
世の中にある「試したことはないが、やってみたらこうなるはず」という「机上の空論」を徹底検証する、アカデミックな実験バラエティ。今回の空論に対して、一体どんなバズり映像が飛び出すのかに要注目だ。
1月17日に40歳の誕生日を迎える山内城主を祝う。NMB48・小嶋花梨が、「全然痛くない!」はずの「小顔効果抜群!超無痛の最新美容鍼」や「魔法の粘液!ムチン洗顔」など、山内にお勧めの美容体験を紹介する。
世の中にある「机上の空論」を徹底検証する実験バラエティ。今回は山内城主が、「老廃物を叩き割れ!全力木槌マッサージ」、「スーパー美容フード!木喰い」さらには「火だるまエステ」を体験する。
30メートル、100メートルと飛んできた天竺鼠・瀬下が、日本一の高さを誇る「215メートルの岐阜バンジー」に挑戦するバンジー企画の最終章。果たして笑顔で飛ぶことができるのかに注目が集まる。
過去2回は空論のまま終わり、今回でピリオド。競馬予想師・暴れ牛さんを加えて「最強の4人」で実験に挑む。勝負するのは、3度目の登場となる競馬初心者の令和喜多みな実・河野と、ベテランのギャロップ・林だ。
以前、ミルクボーイ・内海と山内城主の部屋をリモートで見て、サイコちゃん度を割り出す検証を実施した。今回は犯罪心理学者・出口先生に依頼し、「部屋から心理分析する」という部分だけをピックアップする。
「石焼き」に続くさや香のグルメ企画第2弾は、前回と同じくBBQのレシピ本を多数出版するBBQの達人・たけだバーベキューの空論。事前に缶詰専門店「mr.kanso」で缶詰を探し、ピザに合わないであろう缶詰を選ぶ。
地元の情報掲示板「ジモティー」というアプリは、不要品を譲りあうことができ、粗大ごみも無料で処分することもできる。これを使い、かまいたちの同期である守谷日和が一週間0円で生活ができるのかを検証する。
守谷日和が地元の情報掲示板「ジモティー」というアプリを使用し、一週間0円で生活ができるのかを徹底検証する。果たして、生活に必要なものを全てコンプリートできるのかどうかに注目が集まる。
©カンテレ