I’m Tee, Me Too/アイム・ティー、ミー・トゥー

第7話

32分
帰省していたティーレックスが、父親と共にシェアハウスに戻った。挨拶をするワーティーに、ティーレックスは「君にとっても父親なんだ」と衝撃的な話をする。実はティーレックスはひそかにDNA鑑定を行っていた。
エピソード
愛する母を亡くしたワーティーは家を相続するも、ローンの返済が滞っていることを知る。悩んだワーティーは「ティーという名前の男性であること」を条件に、同居人を募集することを決意するが...。
ルームシェアを始めたワーティーだが、ほかの「ティー」たちと距離を詰めようとしない。この家に集う6人の「ティー」は、それぞれに不思議な恐怖症を抱えていた。ある日、ティーデットとティードーが口論になり...。
“声”以外の人が発する雑音、特に咀嚼音が苦手で音を防ぐヘッドフォンを手放せないティードー。恐怖症のせいでなかなか恋愛がうまくいかないティードーに新たな出会いが訪れるが、ヘッドフォンが壊れてしまい...。
幼い頃、いたずらっ子だったメーティーは、悪さをするたびに母親から「お化けにお仕置きされる」と言われ続けたせいで幽霊恐怖症になる。深夜に悲鳴を上げるため、これ以上のトラブルは退去と通告されてしまう。
メーティーの母親がシェアハウスを訪ねてきた。ひょんなことから、メーティーは「自分が幽霊恐怖症になったのは、母さんのせいだ」と責めてしまう。落ち込むメーティーに、ワーティーはそっと声をかけるが...。
ある夜、庭先で涙ぐみながら母親と電話するマイティーに、ワーティーが声をかける。マイティーの母親は病気を患っており、母を失う可能性があるかもしれないという。実はワーティーとマイティーの母親は友人で...。
帰省していたティーレックスが、父親と共にシェアハウスに戻った。挨拶をするワーティーに、ティーレックスは「君にとっても父親なんだ」と衝撃的な話をする。実はティーレックスはひそかにDNA鑑定を行っていた。
ほかの「ティー」たちに心を開き始めたかのように見えたワーティーだったが、ある出来事をきっかけに、全員を家から追放してしまう。家賃収入を失った彼は、家のローンを返済するために闇金に手を出してしまい...。
©︎GMMTV Company Limited