タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ソードアート・オンラインII

| 2014年
見放題
再び世間にファンタジーブームを巻き起こした、大人気バトルアクションアニメ第2作!
見どころ
大ヒットライトノベルのアニメ化第2作。主人公のキリトが、今度は銃がメインのオンラインゲームに参戦。銃器の描写や説明に力を入れており、重厚な世界観がたまらない。
ストーリー
無事、アインクラッドから帰還したキリトは、総務省から依頼を受け「ガンゲイルオンライン」に潜入することに。撃たれると現実世界でも死んでしまうという「デスガン」の謎を追うキリト。そこで、凄腕のスナイパー少女「シノン」と出会うのだが…。
2019年4月12日 23:59まで配信
©2014 川原 磔/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project

エピソード

  • 「SAO」クリアから約1年後。総務省・仮想課の菊岡から呼び出された和人は、日本で唯一プロゲーマーが存在する人気のVRゲーム、ガンゲイル・オンライン、通称・GGOに関わる奇妙な事件について聞かされる。
    23 分
  • 大型狙撃銃「へカートII」を武器とするシノンは、GGO随一のスナイパーとして活躍する少女だった。所属するスコードロンの仲間と共に、ほかのスコードロンを襲撃した彼女は、第1目標の狙撃に見事成功するのだが…。
    23 分
  • シノンのプレーヤーは、女子高生の朝田詩乃だった。不良少女たちに路地裏に連れ込まれた詩乃は、リーダーである遠藤から金をよこせと迫られるが、毅然と拒否。すると遠藤は手を銃の形にして詩乃に突きつけた。
    23 分
  • 菊岡の調査依頼を受けてGGOにログインするキリトは、死銃、デス・ガンに自分を狙わせる方法として、GGO最強のガンナーを決める大会・バレット・オブ・バレッツ、BoBにエントリーしようとするが…。
    23 分
  • BoBにエントリーすべく端末に必要事項を入力しようとしたキリトは、現実世界の名前や住所を入力する欄があることに驚く。入力しなければ上位に入賞した際の賞品を受け取れないという記述を見て悩むが…。
    23 分
  • 予選第1回戦で勝利したキリトの戦いぶりを見て、「本物か」と尋ねてきた男。かつてSAOに存在した殺人ギルドラフィン・コフィンのタトゥーをしたその男は、キリトに「いつか殺す」と言い残して姿を消した。
    23 分
  • ボロマントの男はSAOからの生還者で殺し合いを繰り広げた相手かもしれない、と苦悩するキリト。一方、キリトへのいら立ちが収まらない詩乃は、恭二にキリトの悪口をまくし立て、大会本戦で倒すことを誓う。
    23 分
  • BoB本戦に死銃とボロマントの男が出場していると見たキリトは、本戦が始まる前にシノンに情報交換を持ちかけ参加者を探ろうとする。予選第1回戦の後、シノンは様子が変なキリトを見て何か訳ありだと察した。
    23 分
  • ボロマントの男がペイルライダーを銃撃すると、まだHPが残っているにもかかわらず、ペイルライダーは消滅してしまう。ボロマントの男は自らが死銃であることを明かし、真の死をもたらすと宣言した。
    23 分
  • 背後から死銃に襲われ追い詰められるシノン。死銃が使っている拳銃「黒星・五四式」は、奇しくもシノンが射殺した強盗犯が使っていたのと同じ銃だった。シノンは事件の記憶がフラッシュバックし、茫然自失となる。
    23 分
  • 死銃から逃れたキリトとシノンは砂漠地帯の洞窟に隠れていた。キリトは、死銃がキリトに反撃した際、黒星ではなくライフルに持ち替えたことから、現実世界のプレーヤーを殺害するには何らかの条件があると推察する。
    23 分
  • 生存プレーヤーが、キリトとシノン、死銃、前大会優勝者の闇風の4人となったBoB。死銃の共犯者が複数いて、闇風もターゲットである可能性を否定できないことから、キリトは死銃よりも先に闇風を倒そうと決めた。
    23 分
  • GGOには存在しないSAOのスキル、スター・スプラッシュを模した死銃の剣技を受けて、キリトは追い詰められる。銃撃のみならず剣撃の腕前も高い死銃によって、キリトは次第に体力を奪われていく。
    23 分
  • 誌乃を殺してから自分も死のうと恭二が襲いかかるが、間一髪で和人が駆けつけ恭二に飛びかかった。恭二は毒薬入りの注射器を和人に向けるが、奇跡的な偶然により薬液は注入されず、和人は難を免れる。
    23 分
  • ALOで聖剣エクスキャリバーが発見されたというニュースが流れた。エクスキャリバーは数カ月前に、キリトとリーファが地下世界・ヨツンヘイムでトンキーという邪神を助けた際に見つけた物だった。
    23 分
  • 女神・ウルズから、霜の巨人の王・スリュムの討伐と、エクスキャリバー奪還のクエストを与えられたキリトたち。ユイはこのクエストが運営者の意図したものではなく、システムが自動生成したものではないかとにらむ。
    23 分
  • キリトたちはダンジョン最下層で待ち構えるボス・スリュムと戦うが、スリュムのHPを削り切れず逆に冷気による攻撃を受けて危機を迎える。その時、仲間に加えたフレイヤが、スリュムを倒す方策をキリトたちに告げる。
    23 分
  • ALOのアップデートに伴い、新生アインクラッドの第21から30層が解放されることになった。このため、以前22層でキリトとユイの3人で暮らしていたアスナは、再び3人一緒に暮らす夢が叶うのではと希望を抱く。
    23 分
  • 絶剣の通り名で知られている凄腕プレーヤーの噂を聞き、勝負を挑むことにしたアスナ。絶剣は超攻撃回数を誇る自身のオリジナル・ソードスキルを賭けて対戦相手を募り、挑戦者全員を倒していた。
    23 分
  • ユウキがリーダーのギルド・スリーピングナイツへの協力を頼まれるアスナ。スリーピングナイツはメンバーの事情で解散することを決めており、思い出作りとして自分たちのパーティだけでのボス攻略に挑んでいた。
    23 分
  • 第27層のボスを攻略しようとするアスナとスリーピング・ナイツの動きは、ボス攻略専門ギルドに察知されていた。さらに、先を越させまいとするギルドの妨害を受け、アスナたちは窮地に立たされる。
    23 分
  • ユウキが突然アスナの前から姿を消して数日が過ぎた。アスナはスリーピング・ナイツのシウネーにユウキが姿を消した理由を尋ねるが、シウネーは言葉を濁し、「ユウキは再会を望まないでしょう」とだけ言う。
    23 分
  • 世界初の医療用フルダイブ機・メディキュボイドの被験者として、病院からバーチャル世界にダイブしていたユウキ。末期の病で無菌室から外に出られない彼女は、もう一度学校へ行ってみたいと願っていたが…。
    23 分
  • 外の世界を体感できるようになって以来、ユウキの毎日はこれまでにないほど充実していた。ALOでは多くのプレーヤーたちとバーベキューをしたり、クエストに行ったりと、賑やかな毎日を過ごしていた。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ