タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

パズドラクロス

| 2016年
見放題
クロスオン!少年たちの友情と冒険がクロスする!大人気ゲームがついにアニメ化!
見どころ
人気ゲーム「パズル&ドラゴン」のシリーズ作をアニメ化。ゲームをベースにオリジナルストーリーを繰り広げ、またゲームとのコラボなどアニメだけに留まらない展開も魅力。
ストーリー
ドロップエネルギーにあふれた自然豊かな島・ドラゴーザ島。龍喚士を目指す少年・エースは「氷の貴公子」と呼ばれる少年・ランスや仲間のモンスターとの出会い、様々な戦いを通じて龍喚士として成長を遂げ、やがて星全体をも巻き込む災厄へと立ち向かう…。
ここがポイント!
原作ゲームにも登場し、玩具も発売予定のアイテム・D-ギアを使ったアクションなどアニメならではの見所も満載。
2019年3月31日 23:59まで配信
©ガンホー・オンライン・エンターテイメント/パズドラクロスプロジェクト・テレビ東京

エピソード

  • バトルカップが終わり、エースはランスと互角に戦えたことに満足しつつ、ギルド龍喚士として新たな旅に出る。一方、古老たちは最終決戦でエースとランスがぶつかり合った際に起きた現象に不安を抱いていたが…。
    23 分
  • エースとガーネットに与えられた新しい任務は、バトルカップが終わって以降行方不明のモルガンを見つけることだった。二人は光の街・エクシオンで、モンスター「ヴァンパイアロード」を集める龍喚士の情報を掴む。
    24 分
  • モルガンを捜して闇の街・ゼレモニにやって来たエースたち。そこでは、女性の龍喚士が何者かに襲われエッグドロップを盗まれる事件が起こっていた。事件について調べるうち、エースたちはヘリオットと遭遇する。
    23 分
  • モルガンの情報を得るため、木の古老・トーリエの下を訪れたエースたち。リブリア周辺では小規模なドロップインパクトが増えており、トーリエとチャロは街を守っていた。そんな中、森で突然謎の爆発が起こり…。
    23 分
  • 事件を追って再びゼレモニに戻ったエースとガーネットは、変わり果てた街の姿を目にする。街には、火の古老・エルドラの下に修行に行っていたはずのタイガーの姿があった。何が起こっているのか調べる三人だが…。
    24 分
  • ギルド所属の龍喚士が次々と行方をくらまし、謎の組織の一員となってしまった。水の古老・ヴァハトンは、連絡が取れない龍喚士の中にランスがいることを心配する。エースはランスを捜しに行くが…。
    23 分
  • 「我らの名はドミニオン」そう宣言し、モルガンたちは去った。残されたエースたちは何とかエクシオンのドロップインパクトを止めるが、人間のハルが大聖堂に入ったせいで竜神像の怒りに触れたのだと誤解が生まれ…。
    23 分
  • 謎の組織・ドミニオンの目的は、竜人だけの力でドラゴーザ島を支配することだった。龍喚士でない人間を守るため、ジェストやエルドラは人間を避難させることにするが、トーリエは逆に人間を受け入れる決断をする。
    24 分
  • 竜人の里・ステラは、竜人であるアンジーヌの故郷だった。モンスター・ミルに導かれたエースは時を遡り、父・キングの過去を知る。少年時代のキングは、人間の父親を持つという理由で厳しい扱いを受けていて…。
    23 分
  • 竜人の里・ステラに危機が迫っていることを伝えるため、「竜の墓場」に向かうエースとガーネット。アンジーヌの話では、そこにステラへ行くための鍵があるというが、竜神の里を狙うドミニオンが迫っていた…。
    23 分
  • 「竜の墓場」をエースたちを迎えたのは、古びた大きな城だった。そこにスタージョンJr.が現れる。竜神の里・ステラを守ってきた一族の生き残りである彼は、「この場所を通ろうとする者は追い払う」と告げ…。
    23 分
  • 竜人の里・ステラへの道を示す羅針盤によって、エースは夢で見たことのある場所に導かれていた。森で不思議な少女に出会ったエースとタマゾーはついにステラにたどり着き、迫り来るドミニオンの危機を伝えるが…。
    23 分
  • 失敗続きのドミニオンにしびれを切らしたモルガンが、竜の墓場に封印されていたドラゴン・闇アポカリプスを復活させてしまう。ステラの危機に、エースは父から受け継いだ伝説の龍をリリースして立ち向かう。
    23 分
  • ドミニオンが壊滅したという報せに安堵する人々。ビエナシティに久々に戻ったエースは、母・レナに竜人の里・ステラで起きたことや父・キングに会ったことを報告する。すると、レナはキングについて語り始める。
    23 分
  • 光の古老・ジェストによって開催される、新たなバトルカップ。それは、今後起こり得る世界の脅威に立ち向かう精鋭部隊「ガーディアンズ」を結成するための大会だった。エースたちは全力を尽くすことを誓う。
    23 分
  • ジェストの命令で、竜人の里・ステラにあるという「原始化の秘密」を手に入れようとしているランス。里長のホーフスに拒否された彼は、里長の孫・アナとともにひそかにステラの探索を続けていたが…。
    23 分
  • バトルカップの決勝トーナメントに進むエースたち。ガーネットは元気のないヘリオットのために勝ち残る決意をする。そんなガーネットのトーナメント最初の相手は、龍喚士アカデミーの後輩でもあるシンシアだった。
    23 分
  • 迎えた決勝トーナメント2回戦。タイガーの対戦相手は謎のマント集団の1人であるズートだった。不戦敗となった幼なじみ・ローズの仇を取るために、タイガーは修行で手に入れた新たな力で挑む。
    23 分
  • エースの次の対戦相手は、闇の街代表の龍喚士・メア。彼はなぜか対抗意識を剥き出しにしてくるが、エースには身に覚えがない。一方、ガーネットは、圧倒的な力を持つ謎の龍喚士・オストと戦うことになるが…。
    24 分
  • グランド・バトルカップに参加していないチャロは、木の街・リブリアで研究に没頭していた。トーリエと共に書物を読み解き、ドミニオンの本当の狙いを探ってきたチャロは、恐るべき推測にたどり着く。
    24 分
  • グランド・バトルカップの準決勝第二試合は、エースVSタイガー。仲間として互いに強さを磨いてきた二人の激突にコロシアムが揺れる。一方、竜人の里・ステラにいるランスは、デビの様子がおかしいことに気が付く。
    23 分
  • 原始化の秘密は「ほしのかけら」と呼ばれる石だった。「ほしのかけら」の研究者の話を聞いて、ステラの近くのルーナ村に立ち寄るランス。その村こそ、ランスが両親とともに過ごした生まれ故郷だった。
    23 分
  • いよいよグランド・バトルカップの決勝戦がスタート。エースはドミニオンのリーダー、龍喚士・オストと対決する。ドミニオンのたくらみを阻止するべく、エースはモンスターと共に真っ向勝負を仕掛けるが…。
    23 分
  • グランド・バトルカップはエースの優勝で幕を下ろした。祝福を受けるエースだが、胸の内には戦うことのできなかったランスへの思いがあった。そこへランスが現れるが、その姿はエースが知っているものではなく…。
    23 分
  • 暴れるモンスターのように力をふるい続けるランス。古老や龍喚士たちが戦うことのできない状況で、エースだけが果敢にランスに立ち向かう。駆け付けたアナが必死に呼び掛けるが、ランスの攻撃は止まらず…。
    23 分
  • ヴァハトンやエルドラの声も届かず、多くの竜人がドミニオンに賛同してしまった。チャロたちはドミニオン側となった竜人たちと戦うが、その圧倒的な数に劣勢となる。エースもランスを正気に戻そうと奮闘するが…。
    23 分
  • エースたちとジェストの戦いが終わり、ドラゴーザ全土を襲ったドロップインパクトも収束した。だが、戦いの後からエースたちの行方が分からなくなっていた。残されたタマゾーとデビは、一行の足取りを探ろうとする。
    23 分
  • ジェストとの戦いで傷ついたエースは、竜人の里・ステラで目覚める。快復したエースだが、ドロップが見えず、モンスターのリリースもできなくなってしまう。龍喚士の力を失いショックを受けたエースは1人思い悩む。
    23 分
  • 失った龍喚士の力を取り戻すため、ステラの古い言い伝えにあったソルの山の頂上にたどり着いたエースとタマゾー。そこには、タマゾーともデビとも違う「たまドラ」がいた。たまドラはピュアな笑顔を向けてくるが…。
    23 分
  • 散り散りになった仲間を探すため、エースとタマゾーが訪れたのは闇の街・ゼレモニ。だが、街にはエースたちの顔写真が貼り出され、おたずね者にされていた。そんな中、同じように身を隠したガーネットと再会する。
    23 分
  • ヘリオットとモルガンが水の街にいるという情報を得たエースたちは、クロッカスの街外れを歩いていた。やがて、姉妹が隠れ住む場所に到着し、無事に再会を果たすが、ガーネットは彼女たちに違和感を覚える。
    23 分
  • 仲間の情報を求めるエースたちは、正体を隠しながらライナス地方の村まで来ていた。しかし、水まんじゅうにつられてタマゾーが飛び出したことで存在が知られ、エースとガーネットはドミニオンに捕まりそうに…。
    23 分
  • 光の街にある龍喚士養成学園「スターライトアカデミー」。かつてガーネットも通っていたその学園に、ドミニオンから新たな校長がやって来た。その日から、学園は竜人の手で支配される学び舎と化してしまう。
    23 分
  • 仲間を探して火の街にやって来たエースとガーネット。火の古老・エルドラがいなくなったガイザーでは、怪しげなヒーローショーが行われていた。エースはショーの出演者の中にタイガーがいることに気付くが…。
    24 分
  • チャロの情報を求めて木の街を訪れたエースたち。緑豊かだったリブリアはクライン率いるドミニオンに支配され、街のシンボル「命の木」が枯れてしまっていた。エースたちは街を調べるうちにドミニオンに見つかり…。
    23 分
  • リブリアに駆け付けたソニアの目に映ったのは、緑豊かな土地を傷付け、モンスターを暴走させた人々の姿だった。ソニアの心は激しい怒りに満ちあふれ、ソニアに呼応した森のモンスターたちがリブリアの街を襲う。
    23 分
  • 旅の一行にチャロが加わり、ようやくかつての仲間たちと合流できたエース。次の目的地はソニアから教わった「滝壺の洞窟」。そこは水の街・クロッカスの付近にあり、残ったギルド龍喚士たちが隠れ潜んでいるという。
    23 分
  • 「金色の翼」をおびき出すためクロッカスを襲う原始化ランス。ヴァハトンは彼を止めようと、ドミニオンに見つかることもいとわず街に出る。昔のランスの優しさを信じているヴァハトンは、自ら戦う覚悟を決めていた。
    23 分
  • 自分の意志で「ほしのかけら」と繋がったランスによって、彼の大切なものが次々と傷ついていく。それでもランスは攻撃の手を休めない。ガーネットたちが街を守る中、エースはランスの前に立ちはだかる。
    23 分
  • エースとランスの戦いの後、クロッカスの周辺ではドロップインパクトが頻繁に起こっていた。それらを治める忙しい日々を送るエースたち。そんな中、チャロはドミニオンに捕まったままのトーリエのことを思っていた。
    23 分
  • 「滝壺の洞窟」で目覚めたエルドラはガイザーの街を心配するが、体はまだ本調子ではない。そんなエルドラに代わり、タイガーは街の様子を見に行こうと張り切る。その道中、エースたちはドミニオンの砦を発見し…。
    23 分
  • クロエルを追って、闇の街・ゼレモニへやって来たエースたち。以前はドミニオンに支配されていた街だが、今はギルド龍喚士の一団が街を取り戻すために戦っていた。しかし、クロエルの行動により街の空気は一変する。
    23 分
  • ジェストを倒すため、ついに光の街・エクシオンに乗り込むエースたち。多くのドミニオン龍喚士とモンスターがエースたちの前に立ちはだかる中、単身ジェスト城の最上階に到達したエースを待ち受けていたのは…。
    23 分
  • ムーク渓谷の奥にある静かな森林地帯。戦いから退いたランスとデビは2人きりの平穏な日々を送っていたが、デビが突然倒れてしまう。デビはクロッカスでランスから受けた傷が悪化しているのを隠していたのだった。
    23 分
  • ギルドが復活し、島を離れていた人間たちも続々とドラゴーザ島に戻って平和になった世界。しかし、エースは1人胸騒ぎを感じていた。近頃、モンスターが何かに怯えているような素振りを見せていて…。
    23 分
  • ドラゴーザ中のドロップが1箇所に集まりつつあるという異常事態を受けて、その中心地へと向かうエースとタマゾー。そんなエースたちよりも先の地点に、艦列を組んで海を航行するSDFの姿があった。
    23 分
  • 孤島にたどり着いたエースが目にしたのは、倒したはずのジェストの姿だった。地獄の魔神王・サタンと契約して完全に力を取り戻したジェストにエースは怒りをぶつけるが、ジェストの新たな力にはとても歯が立たず…。
    23 分
  • エースのいる戦場に駆け付けたランスは、ジェストと決別の道を選ぶ。しかしジェストは意に介さず、全てを滅ぼさんとドロップを集め続けてパワーを増していく。その影響で、各地のモンスターは苦しみだしてしまう。
    23 分
  • ジェストが世界中のドロップを奪い続けたために、ついにエースとランスは満足な力を発揮できなくなってしまう。それでもわずかなドロップを集めて対抗しようとするエース。それを見たランスは、あることに気づく。
    23 分
  • ジェストとの戦いを乗り越えたエースとランス。しかし、どこからか発生した闇が世界中に広がり、星全体を飲み込もうとしていた。エースたちはソニアに連れられ、竜人の里・ステラで待つホーフスのもとへと向かう。
    23 分
  • キングと再会し、創星主であるテラドラゴンを説得しようとするエースたち。しかし、テラドラゴンの攻撃によってキングが戦線を離脱してしまう。残されたエースとランスは必死にテラドラゴンへ思いをぶつけるが…。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ