タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

クラシカロイド

| 2016年 | 108円〜
ポイント 1話無料
壊せ日常!有名アーティストも多数参加、クラシック音楽を題材に異色ファンタジー。
見どころ
「銀魂」「おそ松さん」で知られる藤田陽一監督によるオリジナル作品。「音楽を」題材に、ベートヴェンやモーツァルトなど大作曲家が突然現代に現れ引き起こす騒動を描く。
ストーリー
高校生の音羽歌苗と神楽奏助の前に現れたベートーヴェンとモーツァルト。「クラシカロイド」を名乗るあやしいふたりが奏でる音楽「ムジーク」には奇妙な力があり、様々な超常現象が起きてしまう。さらにバッハやショパンなど、新たなクラシカロイドが現れ…。
ここがポイント!
布袋寅泰やつんく♂など有名アーティストも多数参加、彼らのアレンジしたクラシックの名曲も必聴。
2018年3月31日 23:59まで配信
©BNP/NHK・NEP   【提供】バンダイチャンネル

エピソード

  • 歌苗は女子高生ながら大家さん。だが祖母が残した古い洋館・音羽館は父親の借金で取り壊しの危機に。そこに、ベートーヴェンとモーツァルトと名乗るおかしな2人が現れる。幼なじみの奏助も館に入り浸り…。
    24 分
  • もうすぐ歌苗の誕生日ということで、ベトとモツにパーティーを開こうと言う奏助。ムジークの力をもう一度見たい奏助は、サプライズとしてムジークで喜ばせようと提案するが、彼の思惑通りにはいかず…。
    24 分
  • 相変わらず入居者募集中の音羽館に、ある日ついに見学者がやって来る。張り切った歌苗がナイスバディーの入居希望者を案内していると、空き部屋のはずだった203号室になぜか人の気配を感じ…。
    24 分
  • ベートーヴェンを先輩として敬愛しており、この世界でベートーヴェンのことが何よりも大切なフランツ・シューベルト。街から街へとベトを捜し彷徨うシューベルトだが、彼の周囲に事件が巻き起こり…。
    24 分
  • 餃子にこだわり続けるベートーヴェンは、今日も理想を求めて餃子を焼くが目指す仕上がりにならない。ベトが追い求めるのは以前に食べた「漆黒のハーモニー」だと言う。見かねた音羽館の面々はベトに協力するが…。
    24 分
  • 「クラシカロイド」とは何者なのか悩む歌苗の下に、失踪中の父・響吾からパッド君を通じて連絡が入る。ベトとモツの2人を音羽館へ誘った父であればその正体を知っているはずと、歌苗は父を問いただすが…。
    24 分
  • 音羽館からほど近い山に、謎の生物・ハマゴンが出没。TVのニュースでも取り上げられ街は大騒ぎ。一方音羽館では、近頃ベトたちが姿を見せず、歌苗は束の間の平穏を満喫していた。そんな中、館にハマゴンが現れ…。
    24 分
  • 「女子会をしたい」というリストが、歌苗とチャイコフスキー、バダジェフスカを呼び出した。全部リストのおごりということでプール、カラオケ、温泉とやりたい放題。偶然その場に居合わせた奏助が後を追うと…。
    24 分
  • 部屋から出てこなくなってしまったベト。シューベルトは飲まず食わずで過ごすベトを心配し、好物の餃子を使っておびき出す。やっと部屋から出てきたベトが没頭していたのは、エレキギター作りだった。
    24 分
  • ネットで「アルケドール」というバーチャルアイドル作成アプリを発見したショパン。ジョリーと名付けたアイドルの作成に没頭し、どんどん感情移入するも、ジョリーがプログラム通りにしか反応しないことに憤り…。
    24 分
  • 歌苗がしばらく音羽館を留守にするため、住人たちに家事をしてもらうことに。掃除、洗濯、ハッシーのお世話などなど誰が何を担当するかを決めようとするが、全員が好き勝手ばかり言って一向に決まらず…。
    24 分
  • ベトにミュージシャンとしてプロデビューのチャンスがやって来る。先日のコンテストでのギター演奏が、巨大音楽企業・アルケー社の目に留まったのだ。ベトたちがオーディション会場へと足を踏み入れると…。
    24 分
  • 日曜日の午後を過ごすフランツ・シューベルトは、日が高いうちからゆっくりと入浴し、贅沢な気分に浸っていた。音羽館の浴室から響く楽しげなハミング、しかしそれがきっかけとなり彼にある危機が訪れる。
    24 分
  • 「クラクラ解散!?」というニュースで世間も音羽館も大騒ぎ。そこにチャイコフスキーがやって来て、バッハやバダジェフスカへの不満を訴え始める。歌苗はバッハに相談をしにアルケー社を訪ねるが…。
    24 分
  • もうすぐ歌苗と奏助が通う高校の学園祭。奏助はクラシカロイドたちに一緒にバンドを組んで欲しいと頼むが、誰も相手にしてくれない。しかし、学園祭に興味を持ったクラシカロイドたちは、高校に侵入し…。
    24 分
  • ベートーヴェン、モーツァルトと歌苗の家賃をめぐる攻防。歌苗は家賃を払ってくれればお風呂が直せ、さらにマーレオポン像もお風呂に建てられると力説。やがて働く決心をしたベトとモツは、仕事を探し始めるが…。
    24 分
  • いつも元気な歌苗が風邪で寝込んでしまった。モツは焼きみかんが風邪に効くと聞いて、庭に生えたみかんを採ってくる。焼きみかんを食べる一同だが、その晩からベト、シュー、リストが次々と倒れ…。
    24 分
  • バッハは街の空気に触れようと1人お忍びで出掛けていた。その間にバッハの役に立ちたい三弦は、アルケドールを進化させたミツルロイドの試作を完成させる。そして奏助の音楽をミツルロイドにインプットすると…。
    24 分
  • けんか中でギスギスしていたチャイコとバダは、TV局収録の帰りに音羽館に置き去りにされる。バッハに捨てられたと思ったチャイコはムジーク「白鳥の湖」を発動。音羽館の中にいたみんなは閉じ込められてしまう。
    24 分
  • モーツァルトはいつもの調子で音羽館の面々にいたずらをする。だがついにみんなの堪忍袋の緒が切れ、次にいたずらをしたらごはん抜きだと宣告させる。何とかいたずら禁止の状況に耐えるモーツァルトだったが…。
    24 分
  • ある日フランツ・シューベルトは、自分1人だけ音羽館のリビングで寝泊まりしていることに気付く。彼は家賃こそ払えていないが、食事の片付けやトイレ掃除に庭の草むしりなど、できる限りの家事を手伝っていた。
    24 分
  • おいしいコーヒーを入れるため、数々の妨害や苦難を乗り越えながら理想のコーヒーを追求するベト。そしてマイベストコーヒーにたどり着いた彼は、次にそのコーヒーを飲むためのベストの場所を探し求める。
    24 分
  • いよいよ八音増幅装置オクトヴァが完成。バッハは自らの理想を実現するため、全クラシカロイドを集合させよと指令を発するが、差し向けた回収部隊はムジークを操るクラシカロイドたち相手に苦戦を強いられ…。
    24 分
  • オクトヴァの脅威が世界を満たしていく。そんな中、歌苗に響吾から連絡が入り、この事態の解決を託される。歌苗は戸惑いながらも、音羽館に迫る危機に「この家守るって決めたんだもん」と覚悟を決め…。
    24 分
  • 音楽、それは宇宙の共通言語であり、異なる文化でも通じ合う力を持つ。アンコール、それはコンサートが終わっても観客が再演を望むこと。そう、地球に、クラシカロイドたちに、宇宙からのアンコールが掛かったのだ。
    24 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ