タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ねこねこ日本史 第2期

| 2016年
見放題
日本の歴史上に存在するさまざまな偉大な猫たちが活躍するアニメの第2シーズン
見どころ
上杉謙信や篤姫や新撰組など、日本の歴史上に存在するさまざまな偉大な猫たちが活躍するもう一つの日本史がゆる~く展開していく。ナレータはベテラン声優・山寺宏一。
ストーリー
日本の歴史上に存在する偉大な猫たちが、相変わらずみんな思うがままに色々とやってみるが、気分屋の彼らはすぐに飽きたり、爪を研いだり、寝てしまったり…。でも、そんな猫たちが一度夢中になると、ものすごいエネルギーを発揮するのだった。
ここがポイント!
※権利元都合により#64の配信は停止いたしました。
2019年3月31日 23:59まで配信
©2017「ねこねこ日本史」製作委員会

エピソード

  • 弥生時代、大陸から米作りが伝わり、田んぼを作ることになった弥生人たち。ところが、まとまりがない上に水が苦手な猫たちは大騒ぎ。さらに日照りが襲い、卑弥呼に雨が降るようお祈りしてもらうことに…。
    9 分
  • 戦いの神・毘沙門天の生まれ変わりといわれた上杉謙信が越後の国に誕生。しかし、上杉家にはすでに跡取りがおり、謙信はお寺に預けられることに。ある日、戦に出ることになった謙信は、圧倒的な強さで勝利を収める。
    9 分
  • 平安時代の終わり頃、平清盛をはじめとした平氏猫と源氏猫の二大勢力が競い合っていた。けんかが苦手な貴族たちは、武士猫を集めて、代わりに戦わせることに。だが、次第に平氏猫と源氏猫の争いは激しくなり…。
    9 分
  • 元禄時代。俳句が得意だった松尾芭蕉は、新しい俳句の世界を開こうと、弟子と共に旅に出ることに。旅の途中、カエルを見つけた芭蕉は一句できかけるが、犬に襲われてしまい木の上に逃げるのだが…。
    9 分
  • 鎌倉時代、元が攻めてきたため、かつてない危機を迎えたねこねこ日本。指揮官の北条時宗は、元を迎え撃つ覚悟を決める。ついに九州に上陸した元の猫たちは、見たこともないような武器で攻め込み…。
    9 分
  • 江戸時代の終わり頃、薩摩の篤姫に、徳川将軍・家定との結婚話が舞い込む。だが、夫となった家定は体が弱く、間もなく亡くなってしまう。篤姫は跡取りとなった家茂の面倒を見ることになるが、幕府の中は大混乱に…。
    9 分
  • 平安時代中期、武士集団のリーダーだった平将門は、父から都に行って官位をもらってくるよう命じられる。官位の意味も分からず、とりあえず都に行った将門は、缶入りメシをもらえたことに大喜びするが…。
    9 分
  • 日本が唐に遣唐使を送り、さまざまな文化を取り入れていた奈良時代。仏教の世界では、立派なお坊さんを唐から連れてこようということに。すさまじい説得の末に、鑑真に来てもらえることになったのだが…。
    9 分
  • 武士として幕府に仕えることになった新選組。ところが喜びも束の間、幕府がなくなってしまうことに。幕府存続のため、新撰組は戦おうとするが、個性の強いメンバーたちが好き勝手に行動してしまい…。
    9 分
  • 室町幕府の流れを汲む名家の最盛期を築いた今川義元は、小さいころからケマリに憧れていた。ケマリをやるために当主となった義元は、優秀な選手をスカウトし、チーム分けの制度を作って国を治めていくが…。
    9 分
  • 幕末、多くの志士を生み出した吉田松陰は、外国から船が来て開国を迫っていることを知り、西洋のことを勉強することに。早速、西洋の船を見に行くことにした松陰だが、うっかり禁止されていた脱藩をしてしまい…。
    9 分
  • 天皇のご飯を勝手に食べたり、適当に次の天皇を決めたりと、飛鳥時代のねこねこ日本は蘇我親子によって好き放題にされていた。そんな中、何とかせねばと感じた中臣鎌足は、中大兄皇子と一緒に立ち上がるのだが…。
    9 分
  • 戦国時代、父とひっそりと暮らしていた毛利元就だったが、またたびに夢中になった父を亡くしてしまう。家臣から城を追い出されてしまった元就は、父の後妻・杉の方に引き取られ、兵法をスパルタ教育で教え込まれる。
    9 分
  • 江戸時代、ねこねこ日本はペットボトルで周りを囲って外国から船が入れないように鎖国をしていた。そんな中、日本を開国させようと、ペリーがアメリカから黒船でやってくる。日本猫たちは大パニックに!
    9 分
  • 天下人の秀吉の元で茶の湯を追究する千利休。茶の湯の良さが全く分からない秀吉は、お茶にバナナを入れるなど、自分流にアレンジをし始める。やがて2人の間で対立がエスカレートしてしまい…。
    9 分
  • 足利尊氏の孫・足利義満は室町幕府の第三代将軍になる。世の中は混乱していたが、義満はすぐに人に飛びかかるクセがあったため、やがて幕府に平安が訪れる。その後、義満は金閣寺を建てたり遊びに夢中になり…。
    9 分
  • 幕府が倒され、新政府と戦うことになった新選組。それは土方歳三にとって苦難の連続だった。これからは刀の時代ではないと思った土方は、外国猫に戦い方を教えてもらいに行き、船が大好きな榎本武揚と出会う。
    9 分
  • 戦国時代の美濃の国に、後に下克上の代名詞となる斎藤道三が現れる。土岐家に仕えることになった道三だが、周りの猫たちからは道三にかまれるのではと恐れられていた。かまないとみんなに宣言する道三だが…。
    9 分
  • 江戸時代にオランダから伝わった西洋の学問「蘭学」の発展に大きく貢献した杉田玄白は東洋の医学に疑問を感じ、西洋医学を勉強したいと考えていた。だがオランダ語が読めないため、西洋の本の翻訳に取り組むことに。
    9 分
  • 後に徳川四天王と呼ばれる井伊直政は、直虎の厳しい教えにより、「一番」という言葉に反応して落ち着きがなくなる体になっていた。ところが、その落ち着きのなさが良い結果に繋がり、出世のきっかけとなり…。
    9 分
  • 戦国時代、上杉家に仕えていた直江兼続は「愛染明王」の「愛」を旗に掲げていたが、可愛い顔のおかげで周りの猫たちからは「ラブ」の「愛」と勘違いされてしまう。加えて、周囲の敵や秀吉にも気に入られることに。
    9 分
  • 明智光秀の娘・細川ガラシャは美しいと評判の猫だった。織田信長に可愛がられていたが、父・光秀が信長を裏切ったことから、彼女の運命は一変する。その後、ガラシャはキリスト教徒になって心の平穏を手に入れる。
    9 分
  • 奈良時代、遣唐使であるにもかかわらず、船が大嫌いだった阿倍仲麻呂は、遣唐使船に乗って日本に帰るのが嫌で仕方がなかった。そこで、日本に帰らなくてもよいように難しい試験を受けて唐の役人になることに。
    9 分
  • 裕福な農家に生まれた二宮金次郎だが、川の氾濫によって一家は全て失ってしまう。コツコツ働いて一からやり直すことにした金次郎は、評判を聞きつけたお侍や藩、そして幕府からも仕事が舞い込み…。
    9 分
  • 町人の文化が花開いた江戸時代、浮世絵の世界でスターとなった葛飾北斎は、子猫の絵を描くことが大好きだった。家の片付けもせず、いつも絵ばかりを描いていたため、家はゴミ屋敷になってしまう。
    9 分
  • 江戸時代、二代将軍徳川秀忠に待望の子猫の竹千代が誕生した。乳母を募集したところ春日局が選ばれ、彼女は全力で竹千代を育て上げる。しかし、次男・国松が生まれたことにより跡目争いが起こり…。
    9 分
  • 秀吉が天下を取る上で陰の立役者となった軍師・竹中半兵衛は、ほかの猫から全く気付かれずにいた。しかし、難攻不落の城を落としたことで軍師としての噂が広がる。信長と秀吉は半兵衛をスカウトしようとするが…。
    9 分
  • 戦国時代に振り回された浅井三姉妹。長女の淀は豊臣秀吉との子供・秀頼を可愛がっていた。一方、次女・初は近江の国へ、末っ子・江は徳川家に嫁ぐ。しかし、関ヶ原の戦いにより姉妹は敵と味方に分かれてしまう。
    9 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ