タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
水曜日更新 IV.第四章配信中

明日の君がもっと好き

| 2018年 | 324円
ポイント
恋愛に冷めた男女が「運命の出会い」に翻弄されるラブストーリー
見どころ
脚本は「君の名は」の井沢満で、爽やかなタイトルとは裏腹な刺激に満ちた展開が繰り広げられる。市原隼人、伊藤歩らによる「毒」をはらんだ濃密な人間模様は必見。
ストーリー
造園会社で働く松尾亮は、ある晩、社長の丹野文彦から娘の香との結婚話を切り出される。だが、住み込みで働いてきた亮にとって香は妹のような存在で、突然の話に亮は困惑する。その頃、ガールズバーで働く香の元に新規客の黒田梓がやって来るのだが…。
2018年3月31日 23:59まで配信
©テレビ朝日

エピソード

  • 老舗造園会社で働く松尾亮は、クライアントのオフィスビルへの搬入作業中、突風でスカートがめくれた女性を目にする。その女性・里川茜は、男性社員から「高嶺の花」と仰がれる才色兼備の社長秘書だった。
    43 分
  • 丹野香から性に関する悩みを打ち明けられた松尾亮は、戸惑いながらも香を受け入れ結婚を前向きに考え始める。一方、恋愛に疲れた里川茜は、祖母の静子から思い掛けない言葉を投げ掛けられ、返事に詰まってしまう。
    43 分
  • 里川家を訪れた松尾亮は、茜、梓、智弘と夕食を共にすることに。人見知りで無口な亮、梓と喧嘩し仏頂面の茜、茜と目も合わせない智弘、梓だけが一人しゃべり続ける奇妙な夕食の様子を、そっと窺う者がいた。
    43 分
  • 突然、里川茜の家に現れたタクシー運転手の聖誠実は、茜に結婚前提の付き合いを申し込み、断れば警察に行ってタクシー代を払わせると脅し、茜を表に引きずりだす。そこに到着した松尾亮は、茜を助けようとするが…。
    43 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ